海外(米国)から発行された小切手の銀行での換金方法・換金期限・換金手数料の解説

面倒くさそうな海外発行小切手換金、しかしやり方を覚えれば超簡単です。

0
2172
スポンサーリンク スポンサーリンク

小切手換金方法と手数料、有効期限、現金化までの日数を解説。

筆者は、約一か月ほど前に「海外から小切手」をうけとりました。
この海外発行の「小切手というヤツ」 換金した経験がないと、なんだか面倒くさくてついつい忘れがちなものです。でも、その小切手に記載された金額は「$320.27」なので、これは換金しないと勿体ないと思い、とりあえず複数の銀行へ電話で問い合わせしてみました。

まず最初に自宅から一番近くにある窓口のある「みずほ銀行○○支店」へ・・・
持参した小切手を窓口で対応してくれお姉さんに見せ、色々と説明をうけた結果は以下です。

【みずほ銀行】
-換金可能銀行(一部の支店に限られる)-

————————————————
とりあえずこのとき行ったみずほ銀行の支店では小切手の換金はできないそうで、換金可能な「みずほ銀行支店」で手続きを行ってくれとのこと…

必要書類:
1.みずほ銀行に口座がある自分の預金通帳
2.預金取引印
3.本人確認資料(運転免許証・保険証・パスポートなど)
4.手数料3100円
受け取り入金期間(約一か月)
———————————————–

次に、なるべく手数料が安い銀行のほうがよいと思い、電話で他の銀行にも問い合わせしてみた。

【東京三菱UFJ銀行】
-換金可能銀行(一部の支店に限られる)-
三菱銀行も同じく換金可能な支店に限るようです。

必要書類:
1.三菱銀行に口座がある預金通帳
2.預金取引印
3.本人確認資料(運転免許証・保険証・パスポート・住民マイナンバー(通知カード)
4.手数料5000円

【三井住友銀行】
-換金可能銀行(一部の支店に限られる)-
三井純友銀行も同じく換金可能な支店に限るようです。

必要書類:
1.三井住友銀行に口座がある預金通帳
2.預金取引印
3.本人確認書類
4.(必ずではないがあったほうがいい / 住民マイナンバー(通知カード)
5.手数料3000円

どうせ無理だと思ったが、ゆうちょ銀行にも聞いてみた。
自分の小切手は、差出銀行が「JP Morgan Charse Bank」になっていたので、電話にて聞いたところ、この銀行から発行された小切手は「ゆうちょ銀行」では、換金できないとのこと。 まあ.. 結局は、郵便局は「マネーオーダー」でなければ駄目ということだと思います。
やはり小切手の換金は銀行がいいのかと思います。

でも、やはり一番気になるのは「換金手数料」です。 上記を見て分かるとおり、この3つの銀行の中では「みずほ銀行」が一番安いです。 海外からの送金での為替手数料は、三菱銀行が一番安いと思いますが、小切手の換金の場合では「5000円」もかかり、為替手数料とは異なり結構高めなようです。

そして「有効期限」ですが、これは受けとった小切手に記載があるはずです、自分の場合は「Vold after 180 days」との記載があったので、これはおそらく期限は「180日間」という意味でしょう。

というわけで今回の小切手換金は「みずほ銀行」にて換金しようかと思います。

みずほ銀行にて「小切手換金手続き後」約1か月経過して、無事現金化できました。

こうして筆者は、生まれて初めてにして、海外(米国)から送られてきた小切手なるものを、銀行にて換金してみたのですが、最初にみずほ銀行にて手続きした際、窓口のお姉さんに「現金化できるようになるまで、約1か月かかるので、そのとき再度お越し頂けますか?」と言われていました。
そのときは、電話にて連絡してもらえると聞いていたのですが・・ 手続きから約1か月後、説明されていたとおり「みずほ銀行」から電話がありました。

「小切手を現金化する準備が出来ましたので、銀行へお越し頂けますでしょうか?」との事。

そして翌日、すぐにみずほ銀行へ・・ 窓口で対応してくれたお姉さんは「○○様ですね、今手続きしますので少々お待ちください」そう言って、何やら奥のほうでカシャカシャやっています(このとき銀行員のお姉さんが、コンピューターをカシャカシャやっていたのか、それとも銀行にある専門的な機械をカシャカシャやっていたのか…それは分かりません。 とりあえずは「その日、その瞬間の為替レート」で処理(取引)を行っているようです。

待つこと、およそ4~5分くらい。銀行員のお姉さん「〇〇様、大変お待たせしました、完了しましたので、こちらの書類にサインして頂けますか?」と一枚の書類を・・ (サインと言っても、一箇所にちょっと記入するぐらいです、すぐ終わります)

これで完了。 お姉さんの説明によると、この手続きで「既に口座に入金されている」とのこと。
私は早速、1階にあるATMで残高照会してみました。すると ” 確かに口座に入金されています ” 
その現金をすぐに下して帰宅。

海外から送られてきた小切手の換金なんて「すごく面倒くさそう」と思っていたのですが、やっみると案外簡単です。というか超簡単です。 厄介なのは ” 手続きから実際に現金化されるまで、約1か月かかる “ ということぐらいです。

やり方さえ知ってしまえば、もうどんなに海外から小切手を受け取っても楽勝です。
海外とのマネーの取引が多い方は、是非お試しください。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here