昔『城咲 仁』今、城崎 仁。 年収1億円新宿ホストは「フードアドバイザー」として180℃ 違う人生を歩む。

0
426
credit photo : facebook.com/城咲仁の料理教室-996964660382047/
スポンサーリンク スポンサーリンク
現在はフードアドバイザーとして活躍する城崎仁。

一時は、華々しく芸能界デビューを果たした城咲仁だったが..

且つては、新宿歌舞伎町の街で夜な夜な女性客を相手にドンチャン騒ぎをし、ドンペリを頭から被っていた男『城咲仁』 しかし彼は今、夜の世界から完全に足を洗い、以前とはまったく違う人生を歩んでいる。 彼の今の職業はなんと『フードアドバイザー』である。ホストとフードアドバイザー..どこからどう聞いても関連性がないこのふたつの職業。水商売を捨てた彼を、新たに目覚めさせたものは一体なんだったのか?

ーーー「フードアドバイザー」とは。
自分や家族の健康と美しさをつくる、実生活で使える新資格。身体と食と運動に関する基礎知識を持っていることを証明する資格。…とある。

フードアドバイザーというあまり聞きなれないこの職業。それは昔、歌舞伎町で連日のように大酒を食らい、グデングデンに酔っ払い、アル中寸前のような不健康な生活を送っていた男が選択する職業とは、とても考えられないような職業である。しかし、今現在の彼は数年前とは明らかに違う。現在の彼の名は『城崎仁』 そして彼の現在の姿・表情(顔つき)は、完全に夜の世界の汚さが消え、まるで別人のような爽やかな男性の姿に変貌している。

ホストとして誰が見ても大成功を収めた城咲 仁という男。

歌舞伎町ホスト時代の「城咲仁」

年収1億円超。だがそんな偉業を達成した男「城咲 仁」は、2005年初めに突然ホスト引退を発表した。その後、タレントとして活動を開始した彼には、当時ホスト時代の話題性もあって様々なテレビ番組に出演していた。しかしそれも長くは続かず、以降はテレビ番組で彼の顔を見ることはほとんどなくなり、現在ではテレビ番組で城咲仁の姿は見ることはまずない。つまり世間から見ると彼(城咲仁)は、一時的にバラエティ番組等で活躍はしていたというものの、結局彼に対する認識・イメージは ” 歌舞伎町ホスト『城咲 仁』しか残っていない。

確かに、歌舞伎町現役ホスト時代の彼のメディア露出度はかなり高く、至るテレビ番組でホスト城咲 仁は引っ張りだこであり、頻繁に登場していた。 今考えれば、芸能人やタレントでなくとも歌舞伎町人気No1ホストという彼の看板は、メディアでは圧倒的な話題性と知名度を誇っていたのだ。

スポンサーリンク スポンサーリンク

そんな城咲 仁はある勘違いをする。芸能界で生き残っていくのはそんなに甘くはない。

当時各テレビ番組で引っ張りだこであった彼の脳裏には、おそらくある幻想と言える勘違いが浮かんでいたのだろう。 それは「俺がこんなにテレビにバンバン取り上げられるなら、きっと芸能界でも通用するだろう」という思い込みだ。 しかし、ホストとして、客の女性を誑かすことぐらいしか才能と知識がない彼には、芸能界という世界はそんなに甘くはなかった。 女を騙すという「ずば抜けた話術」を芸能界は必要としなかったのだ。 歌を歌えるわけではない、踊りが上手いわけでもない、何の突発した秀でる芸をひとつも持たない彼には ” 芸能界という世界はあまりに過酷な世界 “ だったに違いない。

そんな城崎仁が、フードアドバイザーとして活躍するテレビショッピングチャンネル『QVC.ジャパン』

credit photo : facebook.com/城咲仁の料理教室-996964660382047/

彼の現在の仕事は、もっぱら料理をしながら商品を販売する「テレビショッピング番組」だ。城崎仁は、テレビショッピング QVC.JPで「過去1日最高売り上げ1億7千万円」を記録するなど凄まじい売り上げを達成している。夜の世界で億単位の金を稼いできた男は、この業界においてもやはり凄い男だった。

 

 

ーー美しく、幸せになれる魔法のレシピ「城咲仁のモテ力アップ料理」--
城崎仁のフードアドバイザーとしてのキャッチコピーには、現在の城崎仁ではなく、城咲仁が使われている。更に料理の世界に身を投じても ”モテ力”というワードに拘る彼… やはりどこか歌舞伎町ホスト時代の僅かな名残を、どこか残しているようにも感じられる。

現在39歳。清々しい感じでいい年の取り方をしているフードアドバイザー城崎仁は、人生の裏街道(水商売)から一転し「食と美と健康」という以前とはまったく真逆な職業で活躍している。それが現在成功と言えるのか、またもや滑ってしまったのか..それは分からないが、彼を取り囲む人々や、彼の今の姿を見ると紛れもなく充実した人生を歩んでいることに間違いはないようだ。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here