世IV虎が引退を発表した。

世IV虎が引退を発表した。

2015年2月22日。壮絶喧嘩マッチで対戦相手の安川惡斗の顔面をボコボコにし ” 顔面崩壊に追い込んだ世IV虎が引退を発表した。

bandicam 2015-06-14 23-11-21-551
出典
:http://headlines.yahoo.co.jp/

14日 世IV虎の引退セレモニーが行われた(後楽園ホール:スターダム)にて。

彼女が結果的に引退を決意する発端となったのが、2015年2月22日に行われた女子プロレス「スターダム」後楽園ホール大会。この試合ではプロレス史上まれにみる大惨事が起きた。 素手で相手を何度も投打する喧嘩マッチ。
世IV虎に何度も投打された安川惡斗は顔面が崩壊(ぐちゃぐちゃ)になるほどの大怪我を負った。
bandicam 2015-06-14 23-18-07-509
出典:www.daily.co.jp/

この後、記者会見で謝罪した世IV虎だったが、そのときの面持ちは反省と後悔の表情でいっぱいだったように見えたが。

そしてその後は公の場に姿に現すことはなく、この6月14日はそのとき以来だ。

ある程度月日がたち、多少ほとぼりが冷め、心の整理ができたらしく、世IV虎の表情はどこか、ふっきれたようにも見える。
bandicam 2015-06-14 23-14-38-480

キンキンの金髪ヘアーはいつもどおりだが、引退セレモニーとゆうこともあってか黒のスーツで身を包みリング上に登場した世IV虎。リング上で次のように今の心の内を明かした。
「自分自身プロレスを嫌いになったとか そういうことはありません。自分はプロレスに救われたこそ今の自分があると思っていますし、プロレスには感謝してもしきれない」

結局 引退することに決めた彼女(世IV虎)。女子プロとゆう世界である程度知名度を上げ、女子プロレスラーとして成功を掴みつつあった彼女は あの日・あの時の一試合の事件により、 自分が今まで目指してきた目標・夢の道に自ら終止符(ピリオド)を打つとゆう形になったわけだ。

この後はどうするのか、どのような新たな道を歩んでゆくのか? それはもちろん仮面には分からないが・・・

あれほどの世間を騒がせる事件を巻き起こし、相手を ” 顔面崩壊 ” とゆう重症を負わせたのだから 当然とゆう意見もあるかもしれないが。

bandicam 2015-06-14 23-15-51-636
世IV虎のパンチにより顔面崩壊した安川惡斗

しかしそれはプロレス(格闘技)とゆう世界。 当然ルールがありなんでもやってもいいとゆうものではないが、興行である女子プロレス。 コレは所詮ショービジネスであるから、ある意味観客を沸かせてこそなんぼである。もちろんだからといって顔面崩壊ケンカマッチがいいと言っているわけではないが…。

この試合を仮面は映像で一部始終見たが、明らかにやりすぎであり限度を超えている。物事には何事にも限度とゆうものがある。

世IV虎はまだ年齢が若い。試合中の ” 悪 ” を演じる彼女の顔からは想像できないが、プロとしてのプロ根性 常に観客を沸かせる試合とゆうものを意識した彼女はほんの心の緩みからか、それを一瞬間違った方向へと持っていってしまったに違いない。 それは ” 魔がさした ” などとゆう軽はずみなものではないと思うが あの時の試合は彼女のプロ魂が裏目に出た結果である。

彼女がまさか相手の安川惡斗を最初から顔面崩壊するまでやっつけてやろうと思っていたとも思えないし、このような結果になることを予測していたとも思えない。

簡単に言ってしまえば、それはプロ意識が足りなかった・低かったとゆう言葉で終わってしまうが、彼女(世IV虎)にとって引退とゆう決意は正に一大決意なはずだ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポーツカテゴリの最新記事