産経ニュースの見出しが紛らわしい”押切もえさん個人情報のぞき見逮捕”これは勘違いするだろ

0
932
押切もえ

産経ニュースの見出しがとても紛らわしかった 正しくは「押切もえさんの個人情報のぞき見した、日経新聞社員逮捕」です。

しかしこれは勘違いするだろ

[ad#kiji_top]

本日見つけたニュースのひとつの見出しに仮面はとても驚きました「押切もえさん個人情報のぞき見逮捕”… え?あの押切もえが逮●??”なんという衝撃ニュースだ!!?

・・と思っていたら、このニュースをよくよく読んでみると実はそうではなかった。
押切もえは被害者である、そう あのタレント押切もえさんが自身の個人情報を悪意を企む他人から不正アクセスの被害に遭ったのである。不正アクセス禁止法違反で逮捕されたのは東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘のTという男、なんとこの男は日本経済新聞社の社員だ。この容疑者はコンピューターに関しての知識は相当あるらしく、名前や誕生日などの情報を組み合わせ押切もえさんのパスワードなどの個人情報を盗みとったのだ。
こんな芸当はちょっとやそっとのパソコンに詳しいくらいの素人ができることではない、愚かななこの男はその優秀な知識と能力をこんな馬鹿なことに使ってしまった。
これだけの能力はあるのなら別のことに生かしたらいいのに…。

最近はこのような類似事件は他にも発生している、206年8月3日には 長澤まさみさんら他の複数芸能人のFBなどに不正に入手したIDやパスワードを使用しログイン、個人情報をのぞき見た。この事件では北川景子さんも被害に遭っている。

クレジットカードの個人情報などとは違い、これらは見られたからといってもそこにはそれど重大な事柄(情報)は書かれてはいないだろうが、自分のプライバシーに関わる分部を赤の他人に勝手に見られることは当然嫌なものであり、それは決して許されることではない。

2016年1月には元SDN48メンバーの福田朱子も自分が普段使っているヤフーメールに不正アクセスされた、ヤフーメールであれば不正アクセスされても仕方あるまい。。などとついつい思ってしまうが..
インターネットが目まぐるしく普及しつづける中、それと同時にこのような悪さを輩が後を絶たない、仮面のメールボックスにも毎日のように数百以上ものスパムメールと個人情報を盗みとうろと企む怪しげなファイルとリンクが含まれたメールが届きます。おかげで仮面のメールソフトは破壊され、今までの受信データはすべて吹っ飛んでしまいました。本当にスパムメールやアホな勧誘・詐欺メールは多い、日々増え続ける一方だ。
だからあなたも気をつけたほうがいい、フェイスブックにログインするにもパスワード、ツイッターにログインするにもパスワード、銀行のインターネットバンキングにログインするにもパスワード、なにをするにもアカウントIDとパスワードが求められる今、IDとパスワードを管理するソフトは必要不可欠である。あなたも当然そのようなソフトは使っているだろうが、もしまだ使っていないの
であればすぐに使ったほうがいい。

[ad#kiji_bottom]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here