片平なぎさの「2017年の髪型ボブ」にしたいなら、しっかりと知識と覚悟を決めてから美容院へ。

0
3271
片平なぎさ
スポンサーリンク スポンサーリンク

片平なぎさの髪型は、当たり前ですが似合う人とまったく似合わない人が真っ二つに分かれます。

片平なぎさの髪型にしたい方は案外多いようです。彼女は現在57歳の彼女は、年齢の割にはヘアスタイルは「おばさん」臭くはありません。この年代でこの片平なぎさのような可愛らしいヘアスタイルが似合う方も、そうそういないのではないでしょうか? でも貴女がこの髪型にトライしたいと思っているのなら、とりあえず次の点には注意したほうがいいかもしれません。基本的この彼女の髪型は、当たりまえかもしれませんが、この髪型が根本的に似合う方でないと、おそらくうまくいきません。
この髪型は50代の女性がこの髪型でも様になる方というのはごく一部だと思います。まず比較的太り目の女性。そんな方が美容院にいって、もし「片平なぎさ」とまったく同じ髪型にしたとしても、おそらく出来上がりは「モロおばさん臭く」なってしまうと思います。

知的で落ち着いた雰囲気に見える髪型。

おそらく貴女は、この中年女性でも充分可愛いらしく見える・・この髪型に憧れをもったのではないでしょうか? 女性の大半の方はある程度年齢がいってくると、若い時はロングでも大体短くなっていくものです。『短くなると=ロングのときは違い、おばさん臭く見えてしまう。』
これが貴女の悩みの種ではないでしょうか?  だから今50代の「片平なぎさ」がやっていても充分可愛く見えるこの片平なぎさの髪型。貴女が憧れをもつのは当然です。 そして何よりこの髪型であれば、洋服され清潔感があって、それなりにいいものを着ていれば知的に見える髪型です。

片平なぎさの髪型にするには、どんな風に?

片平なぎさ

片平なぎさの髪は少しパーマがかかっています。それはとても緩やかに、おそらくかなり大き目のロッドを巻いていると思います。それも通常の先端から巻きこんでいく巻き方ではなく、ロッドを髪の根元から巻きこんでいく所謂「根元巻き」という手法だと思います。 下の画像を見ても分かるとおり、彼女の頭頂部の根元部分は自然なボリューム感が出ています。 この画像の髪の長さでは、先端から巻きこむ巻き方では、根本部分にこのような自然なボリューム感はでません。

髪の色も軽く染めています。下の画像であればカラーの色はブラウンのベースカラーに「カッパー系」の色が混ざっているはずです。レイヤーは耳の中間あたりから入ってると思います。そして全体の髪の毛先部分は少し毛量調整をし軽さを出しています。

一歩間違えると貴女のイメージとは途方もなく違うイメージになりかねない。

貴女がもし、美容院に片平なぎさの髪型の写真を持って行って同じ髪型にしてもらおうと思うのなら次の点に注意してください。

1.パーマのかかりすぎ。(これは極端に強くかかってしまったときの話ではありません。この髪型はほんのちょっとかかりすぎただけで ” 一気におばさんヘア ” に大変身してしまいます。つまりこの髪型はこのパーマの絶妙ないい感じの「かかり具合」が、かなり ” モノを言う髪型 ” です。

2.トップの毛を切りすぎない。この髪型が品があって落ち着いた感じに見える要因のひとつは、トップの髪の長さにあります。間違ってトップの髪を必要以上に短くカットしてしまったら、落ち着いた雰囲気もなにも、逆に「はっちゃけた」ような雰囲気になってしまいます。良く言えば活動的な感じになってしまうということです。

3.必要以上に髪を「すきすぎない」これも同じように必要以上に「すきすぎる」と、躍動感が出てしまいますので、落ち着いたイメージとは違ったものになってしまいます。但しこれは個人々の毛量の多さや、毛の太さなどにもよりますので、そのような場合は必要に応じてある程度は「すいてもらう」ことは必要になります。

だからこの「片平なぎさ」の髪型は、腕のいい美容師さんにちゃんと綺麗に仕上げてもらえば問題ないですが、その裏腹に一歩間違えば ” 完璧にオバサンヘア ” へまっしぐらな髪型です。
貴女がいい美容師さんに巡り合えることを祈ります。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here