秋田美人と呼ばれることに『重圧』を感じる女性たち。秋田生まれの女性は本当にそう感じているのか?

秋田美人と呼ばれることに『重圧』を感じる女性たち。秋田生まれの女性は本当にそう感じているのか?
スポンサーリンク スポンサーリンク

現実論的に秋田には本当に「美人」が多いのか?

この文章を読む前に。実を言うと仮面(当サイトの運営者)は秋田出身です。秋田生まれです。
秋田県生まれの女性はよく「綺麗・美人」だと言われています。結論から先に言ってしまうと、それは正解であり決して俗説ではありません。

まず秋田県という街では、通りを歩いている女性を「なんとなくぼんやり見ているだけ」でも、おおよそ10人にひとりくらいの割合で「そこそこ綺麗な女性」を見かけます。そして、これは絶対ではないですが、20人にひとりぐらいの割合で「ごく一般的に見て綺麗・美人」と呼ばれる女性を見かけます。

つまり、20代~30代前半くらいの女性20人を無差別に選出し、ずらりと並んでもらったと仮定すると、その中にー「誰が見ても美人」と言われる女性が一人いるー という確率は、非常に高いと言うことです。
あなたがこれを聞いて「20人にひとりの割合じゃ 少ないじゃないか」と思われたかもしれませんが、関東地域(例えば東京)などで、道を歩いていてすれ違う20代~30代前半くらいの女性。
その中に「誰が見ても美人」と言える女性は何人いるでしょうか? おそらくその「人数:確率」は極めて少ないかと思います。 
秋田駅の駅前でぼんやりと突っ立っていたとしても、目の前を20人の女性が通れば、その中にひとりくらいは、美人な女性がいると言うことです。

では、なぜ秋田の女性は綺麗.. 続にいう ” 秋田美人 “ と呼ばれるのか? それらを推測していくとあまりに様々な説があり、どれが本当なのかという話なると、それは秋田出身の仮面でさえ分からないですし、答えることができません。 これは筆者だけでなく現在秋田県に住んでいる人に聞いてもはっきりと明確に答えることができる人はまずいないと思います。

例えば、秋田に美人が多いと言われる次のような説:

・秋田県(東北/日本海側)は紫外線による影響が少なく肌が白い女性が多い。
色白だと美人に見える。

これは当たっていると思います。確かに秋田に限らず、東北地方などの雪国で育った女性は肌が白いです。やはり女性は色白のほうが美人に見えるでしょう。

色々な説がありますが、仮面が思うに敢えて明確なものとしては、これくらいしか思い当たりません。他にも色々と説がありますが、それらはあくまでも俗説であり、なんの根拠もありません。特に秋田県は「美容室の数が多い」だから秋田の女性は美容院に行く回数が多い=美人。
という説。

因みにこれはあくまでも「密集率」の話です。漠然と美容院の件数の事ではありません、美容院の件数で言えば東京都が一番多いに決まっています。 また美容院に頻繁に行くから美人という考えは明らかにおかしいです。 確かに女性は髪がボサボサより、綺麗に整っているほうが良いですが、それはあくまでも「ヘアスタイル」の話です。髪型が綺麗であれば顔まで綺麗に見えるという理屈は変です。確かにヘアスタイルが綺麗に整っていれば、全体の印象がよりよく見えることは確かですが、だからとって「美人」に見えるということはないです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

秋田美人は『同時に物静かで引っ込み思案』だからこそこの言葉に重圧を感じやすい。

3月31日に、美容クリニック「あやべビューティークリニック福岡」が、「日本三大美人」に関して調査した意識調査の結果では、秋田県民が37%と一番多かったらしいです。
ここでひとつ言えることは、秋田美人(秋田の女性)に限らず、秋田県民というのは基本的に「無口でおとなしく、また消極的」な人達が多いです。これは男性でも同じことが言えます。
雪国という特性上、寒い気候で生活し、そしてその寒さに耐えながら育ってきた秋田県民は、降りかかる雪が口の中に入らないようと、口をあまり開けずに喋るというのも習慣化されています。よって自然と無口で大人しい性格になりやすいのです。

だから、ちょっとしたこの言葉「秋田の女性は美人」というワードにさえもデリケートに反応してしまうのではないかと思います。

そして次にもうひとつ。秋田の女性は「秋田美人」と呼ばれることに ” 重圧を感じているのか ” という話になると、そもそもの根本的な答えは、” 至って明白であり、簡単です。”
それは。
・自分の顔に自信のない女性は「重圧」を感じる。
・自分の顔に自信がある女性は「重圧」など感じない。

これだけです。秋田出身で本当に誰が見ても「美人」と呼ばれるような女性は、自分でも美人であることはそれなりに認識しているはずですし、そう言われることに「重圧」など感じるはずがありません。

こんな実際の会話が容易に想像できます:

本当に本人が「秋田美人顔」の場合:

ー「○○さんはどこの出身ですか?」ー
「あ、私は秋田です」
ー「あぁ ~やっぱり、だから美人なんだ、秋田は秋田美人って言うからね・・」
「いえいえ.. 確かにそうなんですけど.. うふふ そんなに私を褒めないで♡」

本人が「秋田美人顔ではない場合」:

ー「○○さんはどこの出身ですか?」ー
「あ、私は秋田です」

ー「あ、秋田ですか.. 秋田と言えば ” なまはげ ” とか、あと ” きりたんぽ ” とか、あっ そうそう秋田は美人が多くて有名だよね、「秋田美人」と言うくらいだから・・」

「ゲッ 何言ってんだ、コイツ。秋田人だからといって、みんながみんなが美人なわけじゃねーんだよ、秋田生まれの女性がこの世に何人いると思っているんだ、秋田生まれの女がみんな「顔が美人」だったら、それこそおかしいじゃねーか」

秋田出身の秋田美人に限らず、早い話が本当にその人が美人であれば、人に「秋田は美人が多いというから」と言われれば、心の中では「だから私美人でしょ」と思うのが本音だからです。

芸能界で代表的な「秋田美人」と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「佐々木 希」ではないでしょうか?
しかし、ここでひとつ。佐々木 希は確かに「秋田出身」ですが、もうこのレベルになると話の次元が違います。いくら秋田に美人が多いからといって佐々木 希のような ” 超絶美人 ” となるとそうそういるわけないですし、実際いるかもしれませんが、それは惑星の中から未確認小惑星を探し出すようなものです。 自分自身もあの「佐々木希」が、秋田県の金足の出身者なんて今でも信じられないくらいです。
今メディアで報じられているように「すべてが佐々木希ではない」のは当然のことながら、佐々木希のように美しい女性などはいたとしても、「ほんの数えるほどしかいるか・あるいはまったくいないか」のかどちらかです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

未分類カテゴリの最新記事