ピース綾部の幻想的・夢『ハリウッドデビュー:ニューヨーク移住』それは”なぜ”なのか?しかしすべては謎のまま。

0
678

10月8日に電撃的発言『渡米・ニューヨーク移住』宣言をしたピース綾部。彼なぜはその決断をしたのか。

ピース綾部
credit photo:news.livedoor.com

米国進出・ハリウッドデビュー。そのためにニューヨーク在住と今世間を賑わせ、戸惑わせている張本人「ピース綾部」彼はなぜ突然米国進出を決心したのか。彼の心を突如揺り動かした原因は一体なんなのか?  しかし、このピース綾部の「一見無謀」とも言える ” 渡米・一大決心 ” は、今まで多数メディアで報道されているが、その反面『真相と真実』は一向に謎に包まれたままだ。
ピース綾部は10月8日都内で記者会見を開き、2017年4月から今後の活動拠点を米国(ニューヨーク)に移すことを発表している。しかし、このときの記者会見も含め、そして今日に至るまでは、彼(綾部)本人の口からは、具体的なその渡米の理由は明かされることはなかった。
「前からアメリカが好きだった」とか「アメリカで活躍したい、有名になりたいと前から思っていた」とか、そのような抽象的な発言はしているが、それらはすべて漠然としており、彼を取り巻く周囲の関係者達の間でも、現在様々な意見と憶測が飛びかっている。

衝撃的な渡米発言。熱い想いを語ったピース綾部。しかしその後、行動のノロさを指摘される。

この重大発言の後、約4か月経過した2月18日。未だに日本国内に居続けるピース綾部に対し、周囲からは「呆れた」という声が上がった。 あの日の記者会見における重大発言から、4か月が経過したにも関わらずピース綾部は未だに渡米の準備も進まず、英語の勉強すらしていないということが分かった。 ナインティナインの岡村隆史も「本当なら、ソロソロ行かなくてはアカンのですけど。。」と、行動力のなさを指摘された。 実際にはこのとき、ビザがなかなか下りないという事情があったらしいが、この4か月間もの間、ピース綾部は何にそんなに戸惑っていたのか? 「モテたい!有名になりたい!」と彼が言ってた言葉が表すように、何の計画性もなく、ある日を境に突然そのような野心と野望が彼の中に目覚めてしまったのだろうか?  それならば渡米を発言をしたがいいが、思わず準備がもたついてしまったというのも、ある意味当然と言えば当然かもしれないが、それよりもその ” 突発的な野望 ” だけで、渡米という決心をした彼の考えそのものが、いまいち(?マーク)である。

しかし今、新たな情報が舞いこんだ。ピース綾部は既に渡米しニューヨークで住む場所を探していた。

credit photo:headlines.yahoo.co.jp

ハリウッドスターを目指すという ” 大いなる『野望と期待』”  を抱いていた「ピース綾部」は今ニューヨークに居る。 この本日各メディアで一斉に報じられたニュースが正しければ、彼は今アメリカニューヨークに居るはず。。。 だとしたらピース綾部は今、海を越え遠く離れたアメリカの地(NY)でいったいどのような幻想を抱き、そして模索しているのであろう。彼がこの渡米に関する発表・当初に言っていた「最終的な夢はハリウッドスター、カッコいい役であればなんでもいい!」という発言が本心であるなら、それは途方もなく困難な夢であり、そう容易く達成できる夢ではない。それは誰しもが感じることである。
夢をデッカく持つことはとてもいいことだし、彼が本当に「ハリウッドスター」を目指して渡米したのであれば、それは決して貶したり、批判したりすることではない。むしろ、彼のその大きな『野心・挑戦・意気込み』を褒めたたえるべきだろう。

しかし、残念なことにピース綾部は英語が話せない。

確かにこれは正しく致命的である。英語力がないのに目指しているのは「ハリウッドスター」これを聞いて世の多くの人は彼の今回の行動を明らかに無謀だと感じるだろう..
もちろん渡米していきなり「ハリウッドスター」を目標にしているわけではないだろうし、事実 彼はニューヨークでは、とりあえず ” コメディアン ” として有名なりたいとも言っている。 英語ができないのなら学習を積んで覚えればいいだけだし、時間こそかかるがそれは不可能なことではない。問題はそこまでの意気込みと気合いが、「ピース綾部自身」にあるのかどうかだ。 フワフワとした漠然な報道が相次ぐ中、綾部自身の心中はどうなのか? そこが気になるところだ。 しかしひとつ言えることは謎めいた行動を起こし世間を騒がしている「ピース綾部」はきっと熱い ” 夢 ” を持っている。
それが『叶うとか、叶わない』とかは関係ない。

最初から夢を諦めてしまっている人間より 「叶わう夢でも、只管追い続けている人間」のほうが ” 明らかにカッコいい ” のである。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here