人気ドラマ『 あなたのことはそれほど』主演の波瑠さんのような髪型にしたいなら・・ポイントを徹底解説。

貴女も波瑠さんのような " おしゃれ " な髪型になれるかも!?

0
3683
波瑠 Credit photo : twitter.com/anasore_tbs
スポンサーリンク スポンサーリンク

今人気絶頂の「波瑠さん主演のラブストーリードラマ『あなたのことはそれほど』ショートからセミロングに変身した波瑠さんの髪型(へスタイル)に注目。

波瑠さん主演ドラマ「あなたのことはそれほど」

ショートスタイルだったときから波瑠さんのへスタイルはとても人気があるようですが、現在そのショートスタイルから一変、すっかり長くなったこの波瑠さんのヘアスタイル。 写真を見ても分かるとおり、以前のショートスタイルの時とはかなり印象が違います。

まずひとつ言えることは、ドラマ(あなたのことはそれほど)に出演している映像などを見ても、波瑠さんのこの髪型はおそらくパーマをかけてはいると思いますが、このドラマ内でのシーンを見てみるとほとんどパーマなどかかっていないように見えるシーンがあります。 しかしその反面、ドラマの予告編や、他の波瑠さんのこのドラマに関連する写真を見ると、明らかにパーマがかかっていると思われる写真もあります。

これはおそらくその時々の撮影現場にて、彼女のヘアスタイリストさんが、その都度波瑠さんの髪をブロースタイリングなどでスタイリングしているのが原因だと思います。 ドラマに関連する数々の写真と、実際のドラマ内での波瑠さんの髪型とでは、その質感が微妙に違うのはその為です。

ドラマ『あなたのことはそれほど』での「波瑠さん」の髪型3パターンのポイントを解説。

Credit Photo : twitter.com/anasore_tbs

1. まずこの波瑠さんのボリューム感と空気感のある髪型。

かなりフンワリとしたボリューム感が出ていることが分かります。実際のドラマの中では、ここまでボリューム感が出ている波瑠さんは、あまり見ることはないようです。
あくまでもこの写真の髪型で解説すると、この髪型を貴女がしたいと思った場合、一番難しいポイントは『波瑠さんの「目尻」辺りから肩くらいまでの、髪の ” 自然なボリューム感(質感)” です』

おそらく貴女も、この写真を見て最初にそう思われたのではないでしょうか? ではなぜ、この部分の質感を自分の髪で再現するのが難しいのかと言うと、この波瑠さんのサイドの絶妙な「ボリューム感」は、おそらくパーマがかかっているので、自分で上手に「ブロースタイリング」をする必要があります。 髪質によっては「クルクルドライヤー」で、サッと形を整えただけでもOKな場合もありま。
またパーマがかかっているとは言っても、それは「超・超緩めのパーマ」です。

パーマスタイルには、余計なブロースタイリングなどしなくとも、ドライヤーで「バーっと乾かして手櫛で整えただけで形になるようなスタイル」もありますが、この波瑠さんの髪型はそのような所謂「自然乾燥」で形になるようなスタイルではありません。 この写真の波瑠さんのような髪の長さで、尚且つ自然乾燥でも形になるパーマスタイルとは、所謂「ウェーブスタイル」しかありません。

おそらく波瑠さんの髪質は「柔らかいのだけれども、それなりに腰がある」髪質なのだと思います。つまり波瑠さんの髪質は、とても健康的で理想的な ” いい髪質 ” なのだと思います。

” 柔らかくて腰がある=自然な大き目のウェーブが出る ” というわけです。 なのでこの質感は「髪は柔らかいのだけれども、でも腰がない」という髪質の方がやろうとすると、上手くいかない可能性が非常に高いです。 増してやこの写真を見て分かるとおり、自然なボリューム感にプラスして「自然な空気感」があることに気づくと思います。つまりその辺りのニュアンス感を出すのが難しいのです。難しいという理由についてはスタイリングの難しさもありますが、それは個人々の髪質によっても大きく左右されてくるということす。

このスタイルにはパーマが必要ですが、そのような「細くて・柔らくて・腰がない」髪質の方の場合、仮にどんなに太目のロッドを巻いてパーマをかけたとしても、柔らかい髪というのは、基本的にパーマがかかり易い傾向にありますし、それに加えて髪に腰がないですから、この写真のように大きな曲線を描くカーブ(質感)を出すことは99%不可能になります。もしそのような方がこの波瑠さんのようなパーマをかけた場合、変にかかりすぎてしまうということに成りかねません。柔らかくて腰がないからパマがかかりすぎる、かかりすぎているから自分でデンマンブラシなどを用いて、ウェーブを伸ばす、細かくかかってしまったパーマはブローで伸ばしても、大きなウェーブに変化することはありませんから、結局真っすぐに(ストレート)に伸ばすしか方法がなくなり、結果パーマをかけた意味がまったくなくなってしまいます。

だから貴女は、ご自分の髪質を事前に充分理解しておく必要があります。

ですので、あくまでもこの写真に限りですが、この髪型にしたいと思うのなら、まず ご自分の髪質が、最低限..「自分の髪は、ある程度柔らかくて且つ、ある程度 腰のある髪なのか」という点に注意したほうがいいです。
もしそうでない場合、この絶妙なサイドのボリューム感&空気感を再現することはかなり難しいと思ったほうがいいです、これは担当する美容師さんの「技術云々」の問題ではありません、それ以前の話です。どんなに優秀な美容師さんであっても、貴女の髪質まで変えることはできませんから。

また前髪に関しては、この前髪はなんの変哲のない、ごく普通の前髪です。写真では微妙に左側に流れていますが、これもおそらく波瑠さんの自毛のクセを利用して流しているだけでしょう。

そしてカットですが、この写真を見るかぎり、彼女のサイドの髪の表面のレイヤーは口元から下にかけてレイヤーが入っています。(ここで言うレイヤーとはあくまでも彼女のサイドの表面のレイヤーのことです、フェイスラインの話ではありません)それより高い位置からレイヤーが入ってしまうと、この写真のような大きなボリューム感のシルエットはでません。

簡単に言ってしまうと、誰もがこの写真のようなカットをしてもらって、また同じようにパーマをかけてもらったとしても、だからと言ってこの波瑠さんと同じへスタイルにはならないと言うことです。

スポンサーリンク スポンサーリンク


2. 次に、波瑠さのボリューム感をかなり押えたこの髪型。

1番目の髪型とは違い、ボリューム感も若干のうねりも、ほとんど出ていません。これはおそらくブロースタイリングなどであくまでも軽くブローして伸ばしたのではないしょうか? ある程度パーマがかかっている髪というのは、すこしぐらいのブローでは完全には真っ直ぐにはなりませんから。その後なにかしらのスタイリング剤を用いてスタイリングしているはずです。これもホットカーラーなどで作った髪では決してありません。カットの構成などは1.とほぼ同じです。 またこの写真こそ前髪の感じが ” とてもいい感じ ” に流れていますが、これも波瑠さん自身の髪質を活かした前髪のラインです。この前髪にもパーマなどまったく必要ありません。

3.最後に、波瑠さんのかなりボリューム感があるブロー仕上げの髪型。

この髪型ですが、私は正直この波瑠さんの髪型はあまりいいとは思えません(笑)
思い切りサイドの髪をブロー仕上げで後ろへ持っていってしまってますし、全体的に髪が重すぎると思います。お世辞でも重さを生かしたへスタイルには見えません。まず今の時代に、ブローで後ろへ流すという行為そのものが邪道であり、女性のダサい髪型の典型です。 なぜこのようなスタイルで撮影したのでしょうか?ちょっと謎です。

以上、これらが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here