『アマゾン』で詐欺業者が大暴れ、遂に”出品者アカウント”乗っ取り開始。絶えない詐欺被害。

『アマゾン』で詐欺業者が大暴れ、遂に”出品者アカウント”乗っ取り開始。絶えない詐欺被害。
スポンサーリンク スポンサーリンク

詐欺業者が『アマゾン出品者アカウント』を不正に使い放題。

【購入者・販売者、共に大きな被害に】
なにも被害に遭っているのは、購入者側だけではない。

今回のアマゾン「詐欺被害大騒動」について、被害に遭っているは、普段アマゾンで買い物を楽しんでいる消費者だけだと思うかもしれないが、内部事情は決してそうではありません。

「購入したのに、いつまで経っても商品が送られてこない」と嘆く消費者。それと同時に同じように、大ダメージをうけているは、その商品を「出品・販売」してる販売者側も同じなのである。

アマゾンで販売されている商品は、すべてがアマゾン自体が販売・出荷しているわけではない。

アマゾンではありとあらゆるカテゴリにて非常に多くの商品が販売されていますが、これらはすべてアマゾンが商品管理をし、受注管理・出荷作業を行っているわけではありません。
つまり、それはアマゾンに商品を出品している企業や個人の事業者達のこと。

アマゾンではひとつの商品に対し、多くの販売者達が群がるような形式で販売されています、それらの中には、企業もありますし、また個人事業者もいます。 中には自宅で細々とサイドビジネス(副業)として物販ビジネスを行っている人もいます。

そして、これらの事業者達は、皆 アマゾンに「出品者アカウントを開設」して商品を「出品・販売」しています。

今回のアマゾン騒動は、これら企業や個人の出品者アカウントが、詐欺業者と思われる悪質な輩達に ” 次々と乗っ取られはじめているのだ “

もちろん、だからといってそれら企業や個人事業主達からの「商品購入」が、すべて危ないということではありません。 問題はこれらの企業や個人事業主も含めて、その出品者アカウント自体が、何者かに ” 乗っ取られはじめている ” という点です。 悪質な詐欺グループに乗っ取られてしまった販売者からうっかり商品を購入してしまうと、その結果「商品が届かない」という最悪なケースになってしまいます。

但し、アマゾンにはこれらのようなトラブルを解決する策として「マーケットプレイス保証」というものがあります。これらの申請がアマゾン側にて認められれば代金は返金されますし、問題は解決するかと思います。しかし、そんなことは大変面倒なことですし、事前に回避できればそれに越したことはないです。

しかし、ここに大きな問題があります。
その商品を販売している企業や個人事業主、それらの販売者のアカウントが、今現在乗っ取られているのか、あるいはそうではないのか? それを見極めるのは非常にに困難だということです

このように多くのマーケットプレイス出品者達は、今回のアカウント乗っ取りに非常に大きなダーメージをうけています。自分が出品した覚えのない商品が勝手に激安価格で出品され、気がついてみると大量の注文が入っている。当然それらの注文に対し出荷などできるはずがないので、企業や個人の出品者達は大慌てです。中には、自分の知らないうちに「2万件もの新規注文」を突然受注した事業主の方もいるくらいです。

アマゾン自体が出品し、販売している商品に関しては問題ないと思われますが、問題はそれ以外の商品です。どのアカウントが乗っ取られ、どのアカウントがセーフなのか? まずアマゾン側がそれを判断し、何らかの対処を施すのが最優先だと思いますが、そもそもそれらを今アマゾン側はどのように調査し判別しているのか、これ自体非常に困難であり難しい問題です。

スポンサーリンク スポンサーリンク

【自分の身は自分で守る:対処法】
アマゾンマーケットプレイスの商品はできるだけ避ける。

購入する側にたって考えてみると。今現状としての結論としては、とりあえずはアマゾンでマーケットプレイスとして出品されている商品を購入するのではなく、アマゾン自体が「出品・販売」している商品を購入するしか手はなさそうです。出品者のアカウント乗っ取り被害が出ているとは言っても、アマゾン本体自体が、何らかの ” 攻撃・被害 ” をうけているわけではありません。 従って、アマゾン側が自ら出品し、受注・出荷している商品に関してはほとんど問題なく購入できるかと思います。

credit photo : amazon.co.jp/

出品者側の評価数や評価内容を調べ・確認してもほとんど意味はないという厳しい現状。

そもそもインターネットでの買い物に慣れている人であれば、それが100%でないにしても、その出品者アカウントが健全なものなのかどうか、おおよその判断はつくのかもしれません。
しかし、そうでない限り一般の方であれば表面上だけ見てもさっぱり判断がつかないのが現状だと思います。 事実評価数が多い販売者や評価内容がとても良い販売者アカウントでも乗っ取られてしまったという例があります。
第一、セキュリティ上の強度の問題と販売者側の評価(パフォーマンス)とは何の関連性もなく、それらはまったく別問題だからです。

今回の件に関して、詐欺グループの目的は他の販売者のアカウントを意図的に乗って不正注文を大量に発生させているだけですから、彼らの目的は「代金を騙し取る」というものではありません。
おそらくその目的は「個人情報の盗み取り・不正入手」です。今現在、大量に発生している不正取引は、取引キャンセルや購入者への代金返金などの処理で解決しているかと思いますが、盗まれてしまった個人情報は戻ってきません。これは大問題です。

そう考えると詐欺師側に立って考え見ると注文が入り易い、つまり「激安価格で出品する」という必要性が出てきます。だから今回のようにアマゾンでは異常な激安価格で出品されている商品が続々と増え続けているわけです。

異常な激安価格で出品されている商品は避ける。

だから、信じられないような低価格で出品されている商品は、購入しないようにするということが今のところ賢明です。

大いに揺れ捲っている「日本最大通販ショッピングサイト「アマゾン」での、この ” 詐欺師達のやりたい放題現象 ” 今後アマゾンはどのような手を打ってくるのか?

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

未分類カテゴリの最新記事