自宅ポストに連日のように投函される『迷惑なチラシ』お断りしたいが方法が分からない..実は超簡単です。

ポストに投函されるチラシを断る方法。あなたはすぐに実行できます。

0
988
スポンサーリンク スポンサーリンク

あなたが仕事を終え、自宅マンションやアパートに帰宅すると『必ずといっていいほどポストに入っている”ゴミチラシ”』もしかして、ウンザリしてますか?

しかし、もう大丈夫です、撃退法など超簡単です。

広告を投函する業者にしてみたら、それはゴミではなく、正しく広告(チラシ)です。 それを配布するポスティング業者にしても、配布を依頼する企業あるいは、お店にしても、それはビジネスの戦略のひとつであり、マーケティングのひとつです。 つまりこれらの企業やお店にとって「チラシ配布」というものは、売り上げ向上・顧客獲得にある意味必要不可欠なものであり、真剣なのです。

しかし、例えそうとはいえ、あなたからして見たら..「そんなことは知ったことではない・関係ない、いや、むしろなんの興味も沸かないチラシ(紙切れ)などいらない、毎日々投函されるチラシはいちいち捨てるのが面倒くさい、邪魔くさい、更には他の重要な郵便物が埋もれてしまい、探すのが大変」
そう思われてるのではないでしょうか?

確かに、いくらチラシとは言っても、あなたからしたら、それは ” ただのゴミ “かもしれません。

しかし、この ” ただのゴミ ” 撃退する方法は簡単です。 むしろ簡単すぎて説明する方が困るくらいです。

その方法は、あまりに簡単すぎるので、結論を話す前になぜそのような方法が有効手段なのか説明します。

自宅ポストに投函されるチラシ(広告)は、ほとんどが「ポスティング業者」が配布しています。

それはすべてではないですが、自宅ポストに勝手に投函されるチラシのほとんどは、企業から商店から、チラシ配布を依頼されている『ポスティング業者』が投函しているのです。もちろん例外もあります、その地域のお店のスタッフや、社員などが自ら配布している場合です。 よくある例では、地元の美容院のチラシなどがそうです。 特に個人が経営している美容室などでは、チラシをポスティングするのに、いちいち業者に依頼していてはコストがかかりすぎるので、自分達でポスティングすることが多いです。

それはいいとして、このポスティング業者なるもの、当然実際にチラシを配布しているのは、そのポスティング業者で働いている所謂「社員・アルバイトたち」です。 そして彼らは朝出勤し、その日配布するエリア(地域)そして配布するチラシを渡されるのですが、その際に「投函禁止住所」なるリストを渡されます。

この「投函禁止住所」というものは、以前チラシを投函した際に「苦情・クレーム」が発生した住所です。 当然これらの住所では、住民あるいはマンションの管理人からクレームがきているので再配布することはできません。なので、業者側でもチラシ配布要員に対し「このリストにある住所・部屋へは、絶対に投函するな」と固く言われ指示されます。

チラシを配布する彼らも、仕事としてやっているわけですから上司・会社側から言われたことは忠実に守ろうとします。 次に、同時に指示されること。それは「チラシお断り」「チラシ不要」などといった「張り紙がしてあるポストには投函するな」とも指示されます。

確かに、一部例外もあるかもしれませんが、ほとんどのポスティング業者は、このような指示を行うはずです。「張り紙がしてあるポストには投函するな」という理由は簡単で、もしそのようなポストに投函してしまっては、またクレームや苦情がくる可能性があるからです。
また、常識的に考えて、そのような放っからチラシに拒絶反応を示してるポストに投函しても、レスポンスなどあるはずがありません。

スポンサーリンク スポンサーリンク

もう、ここまで説明したら『撃退法』が分かったと思います。

それは『チラシお断り』『チラシ不要』などといった張り紙をポスト(郵便受け)に貼るだけです。

これだけで確実に効果あります、まず90~95%は回避できます。前述したようにチラシを投函する際、これらの張り紙を見た彼らは、当然そのポストにはチラシを入れようとはしません。その理由はあなたに迷惑をかけたくないからではありません、もし入れてしまったら自分が勤務しているポスティング業者から怒られてしまうから入れないのです。騙されたと思って一度試してみてください、確実に効果ありますから。

それではどんな張り紙をするのか?張り紙(ステッカー)はどこでどんな物を買えばいい?

まず、そんなもの買う必要ありません。手書きで充分です。相手に「チラシ迷惑だ」ということが伝わればそれでいいんですから、何もそんなところに無駄な出費をする必要などまったくありません。

むしろ個人的には、そんな活字で印刷されたステッカーなど貼るよりも、逆に「手書き」のほうが効果あると思います。

文字・文章というのは、印刷された活字よりも ” 手書きのほうが、圧倒的に心情が伝わりやすい ” です。 その貼り紙を見る側の立場になって考えたら分かることです。

手書きのほうがより ” 迷惑感 “ が伝わると思います。 何しろただ貼るだけでなく「自分で態々書いたんですから..」
だから手書きでいいです。但し大きなハッキリとした文字、そして赤系の色で警告を表すように書いてください。

 

しかし、どうしても撃退できない「チラシ」も一部あるかもしれません。

但し、ひとつ言えることは、これをやったからといって100%完全にチラシが投函されなくなるかと言うと、必ずしもそうではありません。 劇的に減ることは確かですが、数枚程度なら相変らず投函されてしまう可能性があります。

まずそのひとつは、前述したような「配布要員に対する指示をしていない業者」などです。
この場合、彼らは、事前にそのような指示をされていないので、自分のその日の配布枚数(ノルマ)を熟す為に、例え貼り紙がしてあっても投函する可能性があります。 しかし、それはほんの一部の業者だけだと思います。

次に、チラシ紙の内容が「地元のインド料理やパキスタン料理などにお店のチラシ」だった場合です。 前述したように、このようなお店は個人で経営している場合が多いです。従ってチラシを配布しているのも、お店の店主あるいは、働いているスタッフ・関係者である場合が多いです。
そして彼らは、ほとんど外国人です、日本語が読めない可能性が高いです。 また例え読めたとしても、そもそも日本人と外国人は感覚が違います。日本人は比較的実直なので、言われたことは実行しようとしますが、外国人となると少し話が違ってきます。だから外国人の場合、それを読んだとしても、気にもしないで投函してしまう可能性があります。

それともうひとつ、前述した美容院などです・・その美容院のスタッフがチラシを撒く場合、「貼り紙がしてあるポストには投函するな」などとは言われることはほとんどないと思います。また基本的に美容師さんというには、チラシ配りやポスティングなど毛嫌いするスタッフがほとんどですから、容赦なく入れてくる可能性大です。

そして次に、分かっているが「思わず投函してしまった場合」です。 彼が1日に配布するチラシの枚数は、数千枚にもおよびます、つまり膨大な枚数のチラシを巻いています。彼は彼らなりに必死で大変なのです。

だからポスティングという仕事は、ある意味スピード勝負とも言えます。またマンションや団地などの集合住宅の場合は、1軒の建物に無数の郵便受けが設置されているわけですから尚の事です。 自分のその日のノルマを達成するのに、集合住宅というのは彼らにとって「非常においしい」のです。
マンション1軒で数十枚、場合によっては、数百枚のチラシを一気に撒くことができるからです。だから彼は、このような集合住宅に配布するときは、淡々と且つ素早くどんどん投函していきます。だから「うっかり入れてしまう」ということが度々あるわけです。一度ポストに投函してしまっては、もうあんな狭いところに手を突っこんで引っ張りだそうとしても無理なわけです。

そして最後、「分かってはいるが、それでもチラシを入れる輩」

もはやこれを防ぐには、そのチラシ(広告)に記載されている企業、あるいはお店に電話して、苦情を言うしか手はありません。でも、もちろんこれこそ効果あります。チラシに掲載されている企業やお店などは住民から苦情がきた場合は、必ずチラシ配布を依頼しているポスティング業者へ連絡します。
前述したとおり、あなたの住所は完全にそのポスティング業者の『配布禁止住所リスト』に乗ることになります。 その後は、当然あなたのポストに同じチラシが投函されることは、まずありません。(但し企業やお店が依頼するポスティング業者を変えた場合はこの限りではありません)

以上、少し長くなりましたが、攻略法は分かったでしょうか? このように「迷惑なウザったい投函チラシ」など撃退することは、実は簡単なのです。 今迷惑しているのならば是非お試しください。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here