40代の髪型 アラフォーに突入して髪型に悩んでいる女性へ、40代女性のショートヘアスタイル全てを解説。

40代の髪型 アラフォーに突入して髪型に悩んでいる女性へ、40代女性のショートヘアスタイル全てを解説。
Credit photo :
https://beauty.hotpepper.jp

30代ももはや終わり、40代に突入した女性の髪型の難しさ。

 女性も30代くらいまでならまだしも、アラフォー(40代)に突入してくると、髪型も年齢と共に変えざるを得ない状況になってくるのかもしれません。もしかしたら貴女もそんな悩みを抱えているのではないでしょうか?  根本的に女性の方は、自分にどのような髪型が似合うのか、自分で明確に把握している方もいれば、逆に自分にはどんな髪型が似合うのか「さっぱり分からない・・」という方もいらっしゃるようです。 これは女性により様々です。

 基本的に、女性は年齢と共に髪型を短くしたがる方が多いように思います。その理由は簡単に言ってしまうと、若い頃と違い「ロングヘアが似合わなくなる」ということだと思います。
更には、40代ともなると ” 白髪 ” というやっかいな問題が絡んできます(髪が長いと余計白髪が目立ってしまうという悩み)

 しかし、確かにそうかもしれませんが、女性によっては、40代になっても「ロングヘア」が似合う方(様になっている方)も、いることはいます。 でもこれはとても個人差があり「顔かたち・髪質・身長・その方の雰囲気・印象、その他..」などなど.. 全体の要素が影響してくることです。 ですので” こうゆう方であれば、40代になってもロングヘアが似合います! ” と一概に言えるものではありません。
この記事を読んでいる貴女はそんな長いロングヘアをバッサリ切ろうと思っているかもしれません、あるいは既に短めのショートかミディアムスタイルになっているのかもしれません。いずれにしても、40代女性が今まで長かったロングヘアとオサラバするのは容易なことではないかもしれません。鋏でバサッと切ってしまうのは簡単ですが、問題はその後です。
短くカットしたはいいが「まったく自分に似合ってない・気に入らない」という悲しい結末にならないように様々なことを事前に理解しておく必要があります。

 

まず貴女が、どのような方向性で ” 40代の髪型に変えたいのか? ” ということ。

 まずひとつ言えることと言えば『40代になり自分に似合う髪型にした=若く見える』ではないということ。当たり前のことかもしれませんが ” 似合う ” と ” 若々しく見える ” は違います。しかし、ほとんどの方は40代になり、髪型を変えた瞬間に ” 年相応 ” に見えるようになってしまっています。これはどういうことかと言うと、貴女が年齢を重ねるとの同時に、自ら「年相応」に見えるように、知らずしらずのうちに、自分自身を変えていってしまっているということです。

 大半の女性の方は実年齢よりも若く見られたいと思っているしょうから、必ずしもこの方向性は理想的ではないのかもしれません。もちろん貴女が「別に若く見られなくとも、自分に似合っていればいい」と思うのあれば話は別です。

 しかし、そうでない場合。貴女が40代になっても実年齢よりも若く見られたい、若く見える40代の髪型にしたいと思うのであれば、敢えて ” 世間の常識に逆行して、若い女性でなければ中々様にならない『ロングヘア』で限界まで貫き通す ” というものもひとつの手だと思います。(貴女が今ロングであれば)
但し、この場合は言うまでもなく髪型だけに気を遣っていいたのでは駄目です。肌の手入れも必要ですし、着る洋服にも気を遣わなければならないと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク

ここでは『40代女性がショートスタイル』にチェンジするということで解説していきます。

40代でショート..と言えば、大抵の方は..とりあえず『ショートボブ系』の髪型を考えているのではないでしょうか? 40代のショートボブと一口に言っても、それは様々なスタイルがあるので、筆者が比較的おすすめのショートボブスタイルを写真を交えて解説していきます。

そこまで人を選ばず、無難に誰でもトライしやすい
「ショートボブ」1

Credit photo :
https://beauty.hotpepper.jp

大人の女性(40代)でも ” しっくり ” とくる ” 前下がりのレイヤーボブ ”

通常のパーマではなく「水パーマ」をかけ、レイヤーを入れて微妙に軽さを出したスタイル。髪が柔らめか、普通の人、クセが少しあるか、ほとんどない人に向いています。このスタイルは、普段の手入れでワックスなどを使い、若干の空気感を出すことがポイントですから、髪があまりにも柔らかすぎると、普段手入れしたときに、写真とは違い余計な髪の動きなどが出てしまいがちになり、グシャグシャな感じになり易いです。クセはむしろ少しあったほうがいいのかなとも思います。

写真を見て分かるとおり水 ” パーマ ” と言えども、それはかなり弱い「限りなく自然に近いウェーブ」です。しかし、元の髪質がまったくクセがない場合、このへスタイルにした直後はよくても、数日、あるいは数週間経ったら、ストンとパーマが落ちてしまう可能性があります。つまり髪質のよっては(パーマが落ちやすい髪質)の場合、美容院で仕上げてもらった後の数日あるいは数週間は、自分の理想通りの髪型で満足できても、その後すぐにパーマっ気がなくなってしまい、ごくごく普通の平凡な髪型に戻ってしまう可能性があります。

Credit photo : beauty.hotpepper.jp

逆に固めの髪質の方であれば、美容師さんのテクニック次第では写真のような微妙なパーマをかけることは可能だと思いますが、ご自身が普段スタイリング剤などを使い手入れするときに、今度は思うように髪は動いてくれない・絶妙な空気感が出てくれないということになりかねません。しかし、この髪型は『40代女性がする髪型の王道』のような基本的髪型にも見えます。
つまり、この髪型がとてもカッコよく見れる理由のひとつに ” 絶妙にかかったウェーブ感 ” ということが挙げられます。さりげないウェーブは、髪に微妙な動きを生み出し、躍動感を出してくれます。 しかし前述したとおり。パーマっ気が落ち、ほとんどなくなった場合は、軽さを出して毛量調節した毛束感や、毛先のシャギー、全体の動き.. などがほとんど生きてこず、この髪型本来の魅力を引き出せなくなってしまいます。 キーワードは正に『ストンと落ちてしまうパーマっ気の悲劇』コレです。(しかし、貴女の本来持つクセ毛の状態によってはパーマなど関係なく、ご自分のクセを上手く生かすことが充分可能になります)

そこまで人を選ばず、無難に誰でもトライしやすい「ショートボブ」2

Credit photo : beauty.hotpepper.jp

ご自身のクセを活かし、場合によってはカットテクニックのみで充分再現できる
『フェミニンショート』

このショートスタイルは上記の「無難に誰でもトライしやすいショートボブ1」の髪型とは違い、トップの髪が長めになっています。正面から見た時に動きが出ている部分は、目からの下部分に集中している為、上記のショートボブよりは比較的再現し易い(トライし易い)髪型です。

またこのスタイルは、実際には後ろの部分にある程度のニュアンスパーマがかかっているのかもしれませんが、写真を見て分かるように「フロント・サイド」の部分にはほとんどウェーブ感がありません。 またご自身の「クセの状態」によっては「パーマなし」でも充分再現できるスタイルです(但しご自分のクセの状態が、かなりいい感じのクセ毛であることが条件)

但し、ひとつ注意点としては前髪が比較的「長め」になっています。ショートとは言え、基本的に前髪が長いと言うスタイルは、必然的に普段、前髪を斜め(横)に流し ” バックリ ” と前髪が分かれ、額が露出してしまうので ” やや老けた印象に見えやすい ” ということです。しかし髪型そのものがオーソドックスで比較的誰にでも似合いやすい髪型ですので、一度試してみるのもいいかもしれません。

首の長さが圧倒的に影響してくる完璧に人を選ぶショートボブ。

者がいつも口を酸っぱくして言っていること、それは『選ぶ髪型によっては、自分の首の長さが似合う・似合わないを絶対的に左右する』ということ。 まずそれらの代表的なショートボブの中から例を2点あげてみました。以下の2つの画像をご覧ください。この2つのショートスタイルに限った話ではないですが、これらの髪型は ” ご自身の首の長さがある程度長い ” ということが絶対条件となります。

貴女がもし『首が人より短い』あるいは『人より太目』と感じてるならば、以下のような髪型にした場合、相当ヘンテコリンな髪型になる可能性大。 これも何度も言っていることですが、雑誌(紙媒体)も含めて、あらゆる髪型のカタログや、ネットで掲載されているへスタイル集に写っているモデルはほとんんどの女性が「プロのモデル」です。これらのプロのモデルは当然ながら『首の短いモデル』など ” ほぼ皆無 ” に近いです。
従って以下のようなショートボブが「形もオシャレで上品に見える」というのは、ハッキリ言ってしまえば ” モデルのルックスが極めてレベルが高い ” ということが大きく影響しています。
しかし、だからといって貴女が不細工でルックスの悪い女性だと決めつけているわけでも何でもないですが、これらのモデルの髪型集(写真)だけを見て、ご自身でもまったく同じ髪型にしようと考えるのが極めて危険だと言うことです。


Credit photp : beauty.hotpepper.jp

かなり難易度が高いショートレイヤースタイル。

Credit photo
https://marisol.hpplus.jp/

この髪型も上記の髪型と同じように、40代女性の王道的髪型に見えますが、かなり美容師さんの腕が要求されるヘアスタイルです。パーマはかかっているでしょうが、それ以前に「カット技術ですべてが決まる」と言ってもいいスタイルです。
つまりカットラインが完璧に出来てないと ” 全てがオジャン ” になってしまう髪型です。正面から見たときは分からないかもしれませんが、特に横から見たときと、後ろから見たとき、その髪の流れ・質感です。
これはパーマの効果もありますが、この綺麗で自然な質感と流れを出してくれる根本的な原因はカットラインにあります、カットラインが極限まで理想的になっていないとパーマで誤魔化すということは、100%不可能なので美容師さんに優れたカット技術がないと、この形はまず作れません。

貴女がもしこのような髪型にしたい思ったならば、自分に似合うかどうかも大事ですが、この髪型をちゃんと再現してくれる「美容師さんに担当してもらえるか」ということが大前提にあります。そうでなければ失敗に終わる可能性も大です。

スポンサーリンク スポンサーリンク

40代の髪型 丸顔を克服するショートカットスタイル

丸顔にコンプレックスを抱いている方はとても多いのではないでしょうか?丸顔はときに可愛らしく見えるものですが、逆に子供臭い印象を与えたりする場合もあります。しもぶくれの丸顔に悩んでいる方もいるかもしれません。あるいは丸顔は特に気にしていないが、丸顔の自分に似合う髪型が分からないという方もいるかもしれません。そんな丸顔の貴女にも似合う髪型を解説していきます。

1.中途半端な前髪は ” バックリと割れてしまい ” 老けた印象に..ならばいっその事、前髪をなくしてしまえスタイル。

Credit photo : http://home.rasysa.com

こちらの髪型は、丸顔にコンプレックスがある方も、その悩みの種である『丸顔』を克服でき、且つそこまで老けたような印象を与えないヘアスタイルです。また前髪が老けた印象を与えてしまうひとつの原因 ” バックリと分かれた前髪 ” をあえて無くしてしまうことで攻略している髪型と言ってもいいです。
但し、この髪型はある程度 ” 毛量の多い ” 方でないとお勧めできないスタイルでもあります。写真のように顎下まである髪は、フロント部分がほとんど裾まで伸びており、またレイヤーは、髪の下先部分に僅かしか入っていません。尚且つ、それでいて裾の部分は ” フンワリ..” と、とても綺麗なボリューム感を生み出しています。これを再現するには「スカスカの毛量」では少しばかり難しいです。ある程度の毛量があったほうが好ましいです。また髪の太さもある程度 ” しっかりとした太さ ” があったほうがいいです。根本的に細すぎる髪というのはボリューム感を出しにくいですので..

Credit photo : home.rasysa.com

そしてもうひとつ、一見単純なオーソドックスなヘアスタイルに見えるかもしれませんが、貴女がものぐさな ” あまり普段スタイリングに時間をかけない方 ” であった場合も要注意です。この髪型のポイントは、裾のボリューム感であり、これは普段スタイリングする場合は、貴女も普段使っている『くるくるドライヤー』などを使いボリューム感を出す必要があります。あるいは「カーラー」などを巻いてもいいかもしれませんが、ただ「巻きっぱなし」だと写真のような自然なカールではなく不自然な ” クルリン、クルリン カール ” になってしまうので、カーラーで巻き終わった後、ブロースタイリングなどを加えて自然なカールに仕上げる必要があるかと思います。
パーマという手段もあるかもしれませんが、このへスタイルで裾のボリューム感を ” パーマで再現 ” するのはいつもいうように、少しばかり難しいです。それは美容師さん側のテクニック的に難しいという意味ではありません。個人々の髪質が大きく依存・影響してくるという意味です。

しかし、この髪型はそこまで老けた印象はなく、とても上品で落ち着いた感じで、知的な女性に見えるヘアスタイルですのでお勧めのへスタイルでもあります。

短めな前髪を作ることによって ” 丸顔をカバー ” 裾のクルリンカールが更に丸顔をカモフラージュ。

Credit photo : beauty.hotpepper.jp

おそらく丸顔女性には、最適なのではないかと思う ” カールボブスタイル ”

丸顔女性に最適というには筆者の個人的感覚であってひとつの意見です。このヘアスタイルが『丸顔をカバー』するひとつの要素はまず ” 前髪 ” です。必ずしも長い前髪が丸顔をカバーするのに適してないということはありませんが、この写真のように眉毛辺りで横一直線の短めの「前髪」は丸い顔を上手くカバーしれ、丸い顔の印象をかなり薄くしてくれる効果があります。
人間の顔というものは、言うまでもなく ” 額から顎 ” までの部分です。この前髪はその顔の一部である額を完全に隠してくれています。
つまり丸い顔という印象を他人に与える部分、その一部分である額を前髪で隠しているわけです。

更には、顎下辺りまである両サイドの髪の毛先を「くるりん」とカールすることによって見事に「丸顔」をカバーしています。これはカバーというよりは『カモフラージュ』と表現したほうが適切かもしれません。カモフラージュ.. それはつまり、丸い顔のラインと同様、あえて同じ ” 丸い曲線 ” を両サイドの髪に施すことにより ” 人間の目を錯覚させる ” という効果です。
但しこの髪型で丸顔をカバーする効果を発揮するには、どちらかが欠けていても駄目です。つまりは、この『短めの前髪、両サイドのカールした毛先』両方が必要だということです。(またこの髪型は面長の方にも最適だと思います)


なら、『面長』の顔の、40代女性はどんな髪型にしたらいいのか?

面長という顔形はとても寂しい印象を醸し出しやすく、とても地味な印象を人に与えやすい顔形でもあります。ネット上では様々な意見がありますが、この面長ほど難しいものはありません。基本的には丸顔の方でも似合う髪型に共通する部分は多々あるかもしれませんが、丸顔(丸い顔)と面長(少し長めの顔)とでは当然微妙に似合う髪型も違ってきます。

20代女性の面長と、40代女性の面長は明らかに違う。
筆者も以前はプロの美容師ですが、この面長に関する意見はプロの美容師の間でも意見が食い違うことがあります。ひとつの意見として「面長の顔を隠そうとせず、いっそのこと顔は出したほうがいい」という意見もあります。その反面、面長の顔をカバーするために「サイドの髪を長めにしたほうがいい」という意見もあります。しかし筆者が思うに、これはどちらも『正解でもなく間違い』でもないと思っています。増してやここで解説している内容は、20代の若い女性の髪型ではなく ” 40代女性 ” の髪型です。面長であっても若い20代の女性であれば話はガラリと変わってきます。

 簡単に言ってしまうと、それは面長でも人によって大きく違ってくるという話です。何も「髪型が似合う・似合わない」というのは ” 顔形ですべてが決まってしまう ” ものではありません。
こんなことを言ってしまえば、この記事の内容も含め「元も子もない」話になってしまうかもしれませんが、事実そうなのでしょうがありません。

地味に見えやすい「面長の顔」であれば、多少なりとも髪に ”動き”を出す。

筆者個人的にあえて意見を述べるのであれば..「面長の顔の女性」であれば、それが長いヘアスタイルであろうとも短いショートスタイルであろうとも、どちらにしても基本的に ” 髪に動き・ある程度の躍動感を出す ” ということです。それはどういうことかと言うと、面長で単純に短い髪では「面長の顔が剥き出し」になっしまいますし、単純にダラリと長いロングヘアであれば、それこそ「寂しい感じ雰囲気を助長」することになってしまいます。
この辺は表現が非常に難しいですが、面長で顔が剥き出しになるショートスタイルでも、髪全体のスタイルやニュアンスに「動き・躍動感」を少し持たせることである程度克服できるはずです。
また単純に無造作に長いロングヘアでも「ある程度のレイヤーを入れるなり、軽さを出す」なり、髪全体のスタイルやニュアンスに「動き・躍動感」を出すことによって寂しい印象はなくなるはずです。
結論として筆者が思うに、面長の40代女性に似合う髪型が「ショート・ロング」はほぼ関係ないように思います。

40代面長顔の髪型、面長攻略ヘアスタイル ” ひし形シルエット”

Credit photo : beauty.hotpepper.jp

ひし形のシルエットは面長をカバーするには有効手段。ひし型ショートボブ。
40代女性で面長の顔の方が、似合う(あるいは面長をカバーする)髪型のひとつとして ” ひし形シルエット ” の髪型というのがあります。髪型全体のシルエットをひし形にすることによって「面長の顔形」を目立たなくすることが可能になります。

この理由は単純明快で「縦に長い顔」に対す、若干横広がりに見える『ひし形』のシルエットにより「面長の顔」をカバーすることができ且つ、面長の方でも似合う髪型を再現できます。写真のようなヘアスタイルも面長の方に似合う典型的な髪型と言えると思います。
例の写真のスタイルはパーマなど一切かかっていませんが、場合によっては更にニュアンスパーマを加えるのもアリかと思います。
※但しここで気をつけてほしいのは、人によってはこのスタイルに若干のニュアンスパーマなどが加わると、それこそ痛い髪型になりかねません。寂しい印象をなりがちが面長の顔の方に ” ウネウネとウネった髪 ” は案外禁物です。ニュアンスパーマなど余計なものはかけないでカットのみで、自然体にしたほうが無難かもしれません。

40代女性の髪型 ショートパーマスタイル

アラフォーの女性はパーマスタイルにチャレンジするのは細心の注意を払ったほうがいい。一歩間違うと「おばさんヘア」にまっしぐらです。
基本的に40代の女性がショートスタイルにパーマを施す場合、全体が短いショートスタイルにパーマをかけるのは極力避けたほうが無難かもしれません。「全体が短いショートスタイル+パーマ」というのは、よっぽど上手く仕上げない限り「おばさん臭くなり易い」危険性があります。
ですので、ショートスタイルとは言ってもトップが長めのショートボブスタイルにパーマを施すほうが無難かと思います。 但しパーマとか言ってもそれは言うまでもなくバリバリのパーマのことではありません。あくまでも ” さりげない極限まで自然体のパーマ ” のことです。
ここでは40代女性でもトライし易いショートパーマスタイルをご紹介したいと思います。

余計なウネウネ感がない、自然なウェーブの ” ふんわりショートボブ。

Credit photo : beauty.hotpepper.jp

この髪型は、トップが長めのショートボブスタイルにパーマを施したものです。パーマとか言っても写真を見て分かるとおり『パーマ、パーマ』していません、とても自然な感じのカール(パーマ)です。パーマというものはこのくらい充分なのです。
如何にも「美容院へ行って、パーマかけちゃいました」という他人が見ても一見してパーマをかけたことが分かるようなパーマは、もはや時代遅れです。

他人が見てもパーマをかけたのか、自分の地毛のクセなのか..その判断がつかないくらいが一番ベストです。また貴女もご存知だと思いますが、パーマとは言ってもロッドを巻くパーマとは別に「デジタルパーマ 形状記憶パーマ」というものがあります。この髪型もデジタルパーマを用いてかけたものですが、とても自然な感じでカールが出ているのが分かります。
通常のロッドを巻いてかけるパーマでこの自然なカールを出すことは極めて困難に近いです。デジタルパーマであれば普段のスタイリング(手入れ)は比較的楽ですし、このスタイルであればスタイリングが下手な方でもそこまで困ることはないかと思います。また40代女性でも充分似合う髪型とも言えます。

40代アラフォーに突入した女性の髪型、そんな貴女に最適な髪型をチョイスするために。

 ご自分に似合う髪型にする..ということはこうやって見ると案外難しいものかもしれません。
ただひとつ筆者からアドバイスできることは『ただ単に雑誌やインターネット上に掲載されているヘアカタログだけを見て安易に決めない』ということです。

それよりもまず先に ” ご自身がどんな髪質なのか? ” ということを、自分自身が明確に把握するといことが最も重要ですし、これが大前提です。美容院へ行って、担当美容師さんにアドバイスしてもらうという方法もありますが、美容師さんと言っても色んな美容師さんがいます。
第一皆が皆同じことを言うとも限らないですし、考え方・捉え方も違います。また感性・感覚も違います。中にはとんちんかんな間違ったことをアドバイスしてしまう美容師さんだっています。プロの美容師とは言っても人間ですから…

 更に違った側面から言うならば、早い話.. 似合う髪型云々に「正解も間違い」もないとも言えます。ある人は「その髪型、貴女にとても似合ってるよ」という言うかもしれませんし、またある人は「なんか、その髪より以前のほうがよっぽど似合っている」と言うかもしれません。

 自分自身の髪質が分かれば、必然的に貴女が「自分の今の髪質や、今現在の髪のコンディションで再現できる髪型」というのは ” 範囲が絞りこまれてきます ” 無理なものは無理ですから、無理な髪型は諦めましょう。 貴女がどんなにヘアカタログなどで ” 素敵な髪型 ” を見つけたとしても、貴女の髪質に合ってなければ、無理にその髪型にしたところで悲惨な結果になるだけです。(この辺は美容師さんに頼る部分ではないです)

 そんな後悔を後々するくらいなら、貴女が自身の現在の『髪の状態や、髪質(硬さ・柔らかさ・太さ・コシ・現在の痛み具合」これらを把握してから、ご自身に最適な髪型を選択するというのが最も最適な方法です。

40代から50代の髪型で悩む女性へ、クセ毛や加齢による問題を克服する。
>>おすすめヘアケア製品を厳選してご紹介。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

一般人の髪型カテゴリの最新記事