美容院にパーカーを着ていくのはNG行為です。

男性客でよく見られる”フードがついたパーカーを着て来店するお客..アナタがもしこれと同じようなことしていたら..

0
839
フードつきパーカー
スポンサーリンク スポンサーリンク

パーカーのフードがあるせいで盛り上がったカットクロス、これを見た瞬間..美容師さんはストレスが溜まります。

男性でも女性でも着ることがよくある『フード付きのパーカー』 どうやらこのパーカーを着て美容院に行ったら、もしかしたら美容師さんは「迷惑するのではないか」という疑問を抱いている方がいるようです。アナタもそんなひとりなのではないでしょうか?.. 確かにお客さんの立場からしたら、首の周りについている ” フード ” が施術する際にもしかしら邪魔になるのではないかと心配になるのも無理はありません。

それでは結論から先に言います。
 貴方が思っているように、美容院に「フード付きのパーカー」の服を着ていくのはNGです。
..というか、具体的に言うと.. 必ずしもそれは、美容師さん側から見たら100%完璧に大迷惑ということはないですが、美容師側からしたら「フード付きのパーカー」で来店してくるお客さんは、迷惑というか施術しずらい(主にカット)という大きな要因となります。

美容院にて行う施術は複数あります(シャンプー・カット・ワインディング(ロット巻)・カラー剤塗布・(場合によってはマッサージなど)」..

この中でフード付きのパーカーを着ているせいで一番施術に支障をきたすのがカットです。

 美容院ではカットを行う際、当然体にクロスをかけます。このときフード付きのパーカーをお客様が着ていた場合、お客様の首の周り(首の付け根部分)がフードがあるせいで ”盛り上がってしまいます” そしてこの ” 盛り上がり ” こそが美容師がカットをしずらいという原因となります。

もうここまで説明すれば、なぜこれがカットしずらくなるのか?大体分かるかと思いますが、具体的に説明していきます。
フード付きパーカー

 

 

 

 

 

例えばそのお客様の髪の長さが肩より長い場合:

この当たり前ですが、フードがついているパーカーというものは、後ろから見るとこのようにあからさまにフードが ” コンモリと盛り上がっています。この状態で後ろの髪をカットしようとしたときに必然的に美容師のコーム(クシ)をもっている左手が盛り上がったフードの上に乗っかる状態になってしまいます。

ちょっと分かりずらいかもしれませんが、基本的にカット技術というものが右手でに持っているカットコームで髪をとかし、左手(人差し指と中指)でそのとかした毛束を押え、髪をカットしていきます。
パーカーのフードは、美容師のカット施術を行う際非常に邪魔な存在です。

 そのときのカットする部分及び技法によっては異なる場合があるので、一概に必ずしもと言えることではありませんが、単純に画像にあるようにロングの髪を横一直線にカットしようとした場合、正確なラインでカットするために最も重要なことは ” 髪を綺麗にとかし、自然に真下に髪全体が下りた状態 ” ということが大前提になります。これが成っていないことにはどんなにハサミを巧みに使いカットしたところで正確な横一直線のラインでカットすることなど100%絶対にあり得ません。 これは言いきることができます。絶対にないです。

もうお分りでしょうか?.. この正確なカットラインを生み出すのに ” パーカーのフード ” が邪魔してしまうことが.. つまりパーカーのフードがあることでクロスに盛り上がりができる=髪をどんなに丁寧にコーム(クシ)でとかし、自然体で後方の髪を下に下ろそうとしても、理屈的に既にフードがあるせいで盛り上がっている状態なので後方の髪が自然体で真下に下りることは絶対にありません。

だから、美容師側からしたら、正確にカットするもなにも..根本的に ” やりようがないのです! ”

これは相当・相当・相当、美容師としてカットしずらいです。

なので美容院に来店するときは「フードがついたパーカー」を着ていくのは避けたほうが賢明なのです。これは間違いありません。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here