睡眠障害、10年以上不眠症に悩む私がこの「ラクニネル」をイザというときの救世主に選んだ理由。

0
112

『ラクニネル』この睡眠サプリの名称、その名の通り楽に寝れればいいが..

私はもう10数年以上も前から ” 不眠症 ” です。そう、完全慢性不眠症の身です。でも、それを悩んでいるかと言えば決して悩んではいません。(但し、今日までは..)私は10年以上も不眠症ですので、当然薬を飲んでいます。「m錠」という睡眠導入剤を.. 貴方のこの名称は既に分かっているかもしれませんね。 これはとてもよく聞くもので、就寝前に1錠飲んだだけで寝つきがよくなり、スンナリと眠ることができます。だからこの「m錠」は私にとっては絶対的に必要不可欠なものであり、自分にはなくてはならないものです。つまり、10年以上も長い期間に渡りこの「m錠」を飲み続けている・・というわけです。 私は医者でもないですし、医学の専門家でもないので、この睡眠導入剤の名称を挙げることもできませんし、貴方におすすめすることもできません。

でも、不眠症で貴方が今悩んでいるのであれば、おそらく知っているのではないでしょうか?

自力では絶対に眠ることができないほどの不眠症の私。

そんな私には更に厄介なことがありました。
私仕事はIT関連の仕事で、普通に昼間会社に勤務している形ではなく、自宅でひとりで仕事をしている所謂フリーランサーという職業です。

昼間は完全に寝ており、夕方遅い時間帯に起床します。そしてすぐにパソコンの電源を入れ、そしてコンビニに朝食を買いに行きます。
ササっと朝食を済ませた後は、パソコンに向かい仕事開始です。そして、一日の仕事が終わるのは朝型5~6時頃です。それから寝ます。

このように「ほとんど太陽を見ない」という生活を送っています。あまりよくないことだと分かってはいるのですが、これが中々改善するのができないのが実情です。

なぜ、このような人とは真逆の生活スタイルになってしまったのか?

IT関連の仕事を長い間やっている私はにとって、最も集中できる時間帯は、辺りが寝静まった深夜の時間帯です。このひっそりとした時間帯こそ、集中力が高まり、仕事に集中できるのです。これは個人々により違うかもしれませんが、自宅で仕事をするSOHOワーカーの方は同じような方が多いのではないでしょうか?

つまり、最初は午前3時頃に就寝していたのが、やがて午前4時なり、それがこんど午前5時なり、どんどんずれこんでいって今のような状態になってしまったのです。

この習慣、一度習慣化されてしまったら、もう元に戻すのは非常に難しいことです。少しづつ早く寝るようにして、少しづつ就寝時間と起床時間を調整していけばいいのですが、これが簡単なようで中々難しい。何しろ普通の人とは違い、どんなに寝る時間が近づいてきて眠くならないのですから..
私にとって一晩徹夜なんて朝飯前です。一晩徹夜したくらいではほとんど眠くはなりません。(貴方も同じではないでしょうか)

睡眠導入剤に頼らないと眠れない自分。

もうこれは私はしょうがないと思っています。前述した「m錠」だって長期に渡って服用してもまったく問題ないらしいので(担当の内科医の先生もそう言っています)また、この私と同じようにこの「m錠」を何年も継続して服用している方も、世の中には多くいらっしゃるようです。

通院している内科医でもらう「m錠」.. これだけで充分なのですが、私にはもうひとつ問題があるのです。

私にとって睡眠というものは、毎日の生活の中で最も大切なものです。睡眠が充分にとれていないと仕事も捗りませんし、何しろ一日中頭がボーっとしてしまい仕事になりません。そんなわけで、いつも飲んでいるこの「m錠」はなくなりそうになったら直ぐに内科にもらいにいきます。それも無くなるちょっと前に..です。なくなったことに気づかないで、うっかり寝る前に飲もうと思ったら「もう無かった!」なんてことになったら大変ですから。
でも、そんなことを言っても私自身、いつも四六時中睡眠導入剤のことを考えているわけではありません。
なので、たまには薬がきれる前に内科に貰いに行くことを忘れてしまうこともありません。

私にとって、ここでひとつ大問題があります。
それは、うっかり薬が無くったとき、いざ内科に貰いに行こうと思ったら、あいにく土日のときや、祭日などが重なり連休になってしまっているときです。もう、こんなとき私の頭の中は”絶望感”でいっぱいになります。なにしろ、睡眠導入剤がないと寝れないんですから..
もう、その日は徹夜確定です。しかも、連休.. 下手をすると2日間徹夜続きの可能性があります。これはもう地獄です。

これは不眠症の方でないと絶対に分からない苦しみです。

では、そんなとき私は今までどうしてきたか..?

しょうがないので、マツキヨなどのドラッグストアで市販の「睡眠導入剤」を買いに行っていました。
ないんだからしょうがない..あとは市販薬品に頼るしか方法がないのですから..
でも、これがまた問題。貴方は知っているかもしれませんが、普段病院で処方されている睡眠導入剤を飲んでいる場合、市販の睡眠導入剤は ” まったくもって効かない」ということ。

確かに、私も何回かこれを試してみたことがありますが、100%完全に効きませんでした。全く効きません。金の無駄です。

つまり、そのときの私から見れば、「m錠」に代わる市販薬品はないということ。そう、ないんです。

でも、1年中毎日欠かさず飲んでいるわけで、前述したように ” 連休が続きにも関わらず、うっかり内科に行くのを忘れる場合が年に何回かはあります。これが問題なんです。

頭が真っ暗になるのは、きまって「m錠」をうっかり切らしてしまったとき。
でも睡眠サプリ「ラクニネル」があると..?

理想なのは、このようにうっかり「m錠」を切らしてしまったときの予備の睡眠導入剤があれば一番いいんです。

ラクニネル

私は今までそんなものはないものだと思っていました。でも、この世の中探せばあるもので「m錠」がないときの絶望感を解決してくれるものを私は見つけることができました。それが睡眠サプリ「ラクニネル」です。

このサプリ、医薬品ではなくサプリなので「m錠」ほどの効果は期待できないかもしれませんが、私にとっては ” 眠れれば、それでいいです ”

この睡眠サプリ「ラクニネル」には、「テアニン、ゼンブリン、GABA」などの成分が含まれています。
テアニンというのはお茶に含まれるリラックス成分で、ゼンブリンというのはアフリカ原産の安眠成分、そしてGABAというのは抗ストレス成分で、これはアミノ酸の一種で興奮状態を抑えてくれる作用があるようです。

うっかりと「m錠」を切らしてしまい、「またやってしまったか」というときはこの「ラクニネル」の助けを借ります。そしてその日はなんとか寝ることができる。この「ラクニネル」は「m錠」のような即効性はないようですが、心なしか睡眠の質はいい感じになるようです。だから今の私にとってこの睡眠サプリ「ラクニネル」は補助的存在です。

見た目医薬品っぽいので、なんか抵抗感がありましたが、基本的には他の睡眠サプリと同じ部類のようです。

でも、これがあるからと言っても、毎日飲むのはもちろん「m錠」ですが、うっかり者で曜日の感覚がまったくなく連休ということを忘れがちな私にとっては ” イザというときの救世主 ” です。

ラクニネル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here