くせ毛に悩む40代女性へ、うねりやハネが酷い髪型に対する「正しい認識と手入れ方法」

くせ毛に悩む40代女性へ、うねりやハネが酷い髪型に対する「正しい認識と手入れ方法」

いよいよ40代に突入した女性の皆様へ。女性も30代までくらいまでであれば、自身の髪質に変化(加齢による髪への悪影響)など、ほとんど感じないケースが多いかと思います。
それは確かに人によりけりで、個人差はもちろんあると思いますが、元プロの美容師で20年以上のキャリアを誇る筆者が現役時代に施術してきた経験を思い返してみると、30代の女性で年齢が影響する ” 髪質の変化 ” で悩んでいる女性はあまりいないような気がします。
年齢が影響する髪質の変化はあると思いますが、そもそも ” 年齢が影響している ” のはなく若い頃から「くせ毛・うねり・ハネ」などで40代の今に至るまでずっと悩み続けている方も多いかと思います(この記事を読んでいる貴女もそうなのではないでしょうか..?)ましてやこれが50代に突入すると髪質の変化は更に加速していく傾向があるかと思います。

『くせ毛で髪が思うように纏まらない』という悩み。40代になりあらためて感じる自分の髪に対する不満。

まずはじめに、なぜご自分がくせ毛なのか考えてみてください。それは様々な要因が挙げられます。次のように。

1.生まれつき髪質がくせ毛である(但し、これは少々オーバーな言い方かもしれません。誰しもが幼少の時代から思春期に至るまで、その過程において髪質は成長と共に、多少なりとも変化するはずです)

2.ある時期をと共に起こる髪質の急激な変化:ホルモンの影響(例えば小学生時代などはクセがまったくない直毛であったにの関わらず、思春期を迎えた時期を境に急に髪にクセが出始めてきた)

3.加齢が原因となる髪質の変化(髪が細くなる・コシがなくなる・張りがなくなる=元気がなくなる

4.生活習慣による髪質への影響(夜更かし・睡眠不足・食生活・ストレスなど)

などなど.. 一口にくせ毛とは言っても、個人々それぞれ状況は異なります。上記はあくまでも例ですが、髪質というものはそのときの健康状態や精神状態がダイレクトに影響してくることもありますし、あるいは年齢が影響してくる場合もあります。

その中でも、加齢と共に自分の ”くせ毛 ”がますます酷くなってきたと感じる場合、その原因は髪が昔に比べて「細くなってきた」ということが影響してる可能性は非常に高いです。

年齢と共に細くなる髪、これは必ずしも皆が皆全員に当てはまるわけではないと思いますが、世の中の女性にはそのような悩みを抱えている方も多いかと思います。ではなぜこのような現象が起こるのか? その具体的な理由は次にようなことが挙げられます。

1.髪が細くなってくる⇒細くなってしまった髪はほとんど同時に”ふにゃふにゃ”と柔らくなってきます。つまり髪自体に”コシがなくってしまう”ということです。
結果⇒細くなり、コシが無くなり柔らかくなってしまった髪は ” どんどんクセに負けてしまう ” ということになります。
だから、クセが余計酷くなってきたと感じるのです。

逆に、何らの内部・外部要因が影響して、髪が太くなり、元気になってきた場合。
結果⇒太く、本来のコシを取り戻した髪は ” 邪魔くさいクセに打ち勝ちます ”
このような場合は、クセが目立たなくなってきます。

しかし、これはあくまでも基本的な話で、髪質というものは個人々微妙に違います。 髪質というものはとても奥深く複雑なものなのです。

しかし、髪質というものは上記のような内・外部的要因とは別に ” 変化 ” することもあり得ます。

つまり内的・外的要因が影響してきた場合、髪質というものは直毛からクセ毛になる場合もありますし、その逆にクセ毛から直毛(完璧な直毛ではないですが)に変化することも充分考えられます。

我が事で恐縮ですが、筆者自身も小学生5年生くらいまでは、100%完璧な直毛と言ってもいいくらいパーフェクトな”ストレートヘア”でした。因みに筆者は男ですが、小学生5年生まではストレートヘアに加えて、なぜかサイドの髪が顎くらいまであるショートボブへアをしていました(笑)おそらく親の趣味だったのだと思います。 なので小学5年生くらいまでは、いつも・どこに行っても「女の子」に間違わられ、とても嫌な思をした記憶があります。

筆者の経験、人生で一回目の髪質の大変化:

しかし、なぜか小学6年生になった時期を境に「あるとき急激に髪にクセが出てきたのです」
しかもこのときの髪質の変化は「ちょっとクセが出てきた..」などという次元の話ではなく、それこそ ” まるで髪が針金のような状態の超クセ毛 ” です。「そんなことあるの?」と貴女は思うかもしれませんが、あります。事実私がそうでしたから.. これは前述した2.の項目「2.ある時期をと共に起こる髪質の急激な変化:ホルモンの影響」によるものです。

 

筆者の経験、人生で二回目の髪質の大変化:

このように私は小学6年生になった頃には、もう髪がバリバリで針金状態.. 外出するときはロールブラシで無理やりブローしなくては ” とても見られないような髪 ” になっていたのです。毎日・毎日ブローしていたら、そのうち真っ直ぐになるのではないかと思っていましたが、なるはずもありません(笑)

しかし、そんな針金頭の私の髪は、20代⇒30代半と年月を経過すると共に、それまで針金だったクセ毛は、徐々に『とてもいい感じの自然体のクセ毛』へと変化していったのです。自分でこんなことを言うのは可笑しいかもしれませんが、30代後半を迎えるときには 『完璧に理想的なクセ毛』とでもいいましょうか..  髪全体、どの部分も「髪が向くべき方向・なびくべき方向」へ自由自在に形づくることができ、動かすことができます。

なぜ、昔どうしようもないバリバリの針金クセ毛頭だった私がここまで髪質がコロコロ変わっていくのか? それは今でも謎ですし、分かりません。
思いかしてみれば男でありながら、髪の手入れ(ヘアケア)はどちらと言うと念入りに行っていたほうだとは思いますが、でも髪質に影響するほど極端なヘアケアをしていたこともありません。本当不思議です。

だから、貴女は「自分には、手に負えないクセ毛」だからといって諦める必要はないということ。

前述の例は、あくまでも私自身の体験であり、それは個人差が当然あります。だから一概に言える話でもありません。但し、人間の髪質というものは加齢が原因する悪影響の必ずしも依存するわけではないと自分は考えています。つまり、一般的には年齢と共に髪質は悪い方向へと変化すると言われていますが、必ずしもその定義は当てはまるものではないということです。だから、貴女も「私も、もう40代だから・・」などと悲観的に考えるのではなく、もっと前向きに考えてみてはいかかでしょうか?

それは絶対とは言えませんが、ある程度であれば、貴女は自分の「クセ・うねり」をコントロールすることは可能です。

そもそも自論にはなりますが、完全な直毛よりは「ある程度クセはあるほうが好ましい」..そう私は考えています。確かに今の時代、街を歩いている女性の髪を見ても「完璧なストレートヘア」などほとんどいないと思います(縮毛矯正でも施していない限り)でも髪に動きを出すことはほとんど不可能な直毛よりは、適度なクセ感はむしろあったほうが色々なヘアスタイルを再現できます。

しかし、これはあくまでもクセの状態が比較的良好な状態に限った話になってしまいます。そうでもない場合はクセ毛が邪魔になってしまいご自身がしたい髪型が中々できないという問題が発生することも事実です。

では、くせ毛のせいで、貴女の希望のヘアスタイルを再現するのが難しい場合はどうしたらいいのか?
これは正直とても難しい問題でもあります。これを対処する方法のひとつとして「カット技術で髪の余計なクセを上手くカバーする・隠す」という方法があります。これは美容師さんに全面的に頼る方法です。そしてこれはその担当美容師さんの技術テクニックが大きく結果を左右することは言うまでもありません。よほどの極端なくせ毛でない場合、ある程度ですがカットで誤魔化すことは可能ですし、クセ毛の状態によってはそのクセを生かすということも可能です。カットでクセ毛を目立たなくする技術方法において、ザックリと言いますが、そのひとつで「クセが出ている部分を軽くしてクセが出ずらくする」というカット方法がありますが、これも下手くそな美容師さんがやると ” スキ過ぎてしまい ” 逆にクセが余計出てしまう” ということもあり得ます。

次に、貴女自身が普段のヘアケアにおいて、何らかの方法を用いて僅かではあるが「クセを目立たなくする」という方法があります。 但し、これはあくまでもご自身で行うヘアケアなので劇的な変化はあまり期待できるものではありません。

1.ドライヤーは「イオンドライヤー」を使用する。
今更ですが、イオンドライヤーを使用するということもクセ毛にある程度の効果は得られると思います。でも、これはあくまでも自分で髪を触ったときの触り心地、感触などの違いを意味します。イオンドライヤーの本当の効果(科学的根拠)が明確にあるわけではありません。しかし、そんな化学的根拠などよりも、触ったときの感触(しっとり感)が少し変わっただけでもまずはいいでのではないでしょうか。

2.ドライヤーで髪を乾かすとき温風だけでなく「冷風」も利用する。
プロの美容師が髪を片付け固定させる場合に用いる方法のひとつに、ブラシなどで髪の毛先の動き・方向などを形作った後「冷風」をあてその形を固定させるという方法があります。髪は温風をあてた後、冷風をあてるとより強く形が固定されるのです。

例えば、左手の人差し指と中指で髪を少し引っ張りクセを伸ばし、そこへ最初温風をあて、次に冷風をあてることによりある程度ですがクセ毛を抑えることができます。
また温風をあてた後に冷風をあてることにより髪にキューティクルが効果的に閉じこめることができ、結果的に髪がサラサラになります。

3.自分が使用するヘアケア製品をここで見直してみる。
今まで挙げてきた方法はあくまでも ” 外部からの髪への影響 ” を考えた方法です。自分が本来もっている髪質を変化させるということはこうやって考え見ると、簡単なようで実はとても難しいということが分かるかと思います。確かにヘアケア用品を変えたからといって、それが必ずしも劇的な効果が得られるなどということはないのかもしれません。 また、散々私が言ってきているように髪質は個人々それぞれ異なります。結論を言うと ” 貴女にとって本当に適しているヘアケア用品はご自身でその製品を試してみて、まずは「実感を得てみる」というのが一番近道なのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

美容とファッションカテゴリの最新記事