スカルプケアソープ「サボン モーヴ」 は男性でも使用していいのか?

0
244

著者:幻
美容師歴20年以上。業界の常識から裏側まで知り尽くした男。

基本的にドラッグストア等で売られているシャンプー剤などは「女性用と男性用」に分かれています。一見女性はこっち、男性はこっちと完全に区別されているように思われるかもしれませんが、果たして本当にそうでしょうか..? 結論から言うと、それらはほとんど気にしなくてもいいです。

シャンプー剤が女性用と男性用に分かれているのは事実ですが、それらの区別している理由のほとんどはあくまでもそのメーカーが商品(シャンプー剤)を販売する為の戦略であり、ひとつのマーケティング手法の一環でしかありません。

男性である貴方.. スカルプケアソープ「サボン モーヴ」に興味をもっていますか?

一見女性向けのシャンプーに見えるサボン モーブ、でも男性が使用しても大丈夫です。

女性向けシャンプー剤であれば、女性が好みそうなピンク色や赤色などの女性にウケるようなデザインにしてありますし、男性用シャンプー剤であれば男性にウケが良さそうなブラックやグレーなどの色を使ったデザインになっているかと思います。 そのようなことから、あたかも男性が女性用のシャンプー剤を使うことは適切ではないかのような印象をうけるかもしれませんが、その考えは必ずしも正解とは言えません。

確かに女性用と男性用では若干成分が異なるのは事実ですが、それに関しても ” 男性は皮脂の分泌が女性よりも多い傾向にあるので女性用よりも脱脂力が強くなっている ” とか.. 違いと言えば、精々そのくらいなものです。

なので、貴方がシャンプー剤の購入を検討している場合においても「女性用・男性用」などといった区別は、ほとんど意識する必要などありません。
私自身もシャンプー剤を購入するときは、それは基本的には男性用を選びますが、本当に良さそうな商品をみつけた場合、それが例え女性用であっても迷わず購入します。

つまり、極論を言うと「シャンプー剤に女性用も男性用もない」ということ。

よく考えてみてください。シャンプー剤に女性用と男性用がはっきりとした根拠があり区別されているとしたら・・
多くの美容院において、お客様をシャンプーする場合「男性客と女性客」で使用するシャンプー剤を区別しているはずです。そうであるはずです。
では、実際の美容院ではどのようにしているでしょうか?

その答えは、まず男性客と女性客で使用するシャンプー剤を区別している美容院など ” ほぼ皆無に近いです ”

基本的に美容院では、女性客であっても男性客であっても ” 同じシャンプー剤を使用します ” 区別はしていません。
貴方はここまで聞いて「それは美容院で使用しているシャンプー剤は業務用だからだろう・・」と思うかもしれませんが、それも違います。

女性の髪と男性の髪に対して、そのシャンプー剤に含まれる成分が影響を及ぼすのであれば、更にその考え方・定義に明確な理由があるのであれば.. それは市販のシャンプー剤であっても、業務用のシャンプー剤であっても「どちらであっても、シャンプー剤はシャンプー剤です」なので同じ理屈が成り立つはずです。

私はほとんど大半の美容院ではお客様に使用するシャンプー剤に男女の区別はないと書きました。しかし、それは何も多くの美容院が邪道なことをしているという意味ではありません。それが普通の考え方だからです。

ノンシリコンでスカルプケアを実現した「サボン モーヴ」

このスカルプケアソープ「サボン モーヴ」にも当然同じことが言えます。結論から言うと、サボン モーヴを男性が使用することはまったく問題ないと言えます。

女性であっても、男性であっても ” 髪質はひとりひとり違う ” ということ。

女性であっても脂性で、髪が男性のようにギトギトしている方は沢山いますし、逆に男性であっても乾燥肌や乾燥毛で、髪が常にパサパサしてい方も沢山います。

貴方がまず気にすることは、その製品が例えサボン モーヴでなくとも他のシャンプー剤であっても、それが女性用か男性用かなどということを考える前に、まずは「ご自分の髪質・髪の状態」を ” しっかりと把握する ” ということが大事です。自分の髪が今現在どのような状態になっているのか? 以前と比べてどのように変化していきているのか? 加齢が原因となり髪質が変化してくる場合もあれば、年齢とは関係なく食生活やストレス、あるいは他の様々な生活習慣が髪質に影響を及ぼしていることもあります。

貴方がもし「サボン モーヴ」の購入を検討している場合、ただ単にこの製品の効果や成分などに着眼するのではなく『本当に自分にとって必要な製品なのか? 自分の髪の状態やトラブルを改善するのに必要な製品なのか?』ということをじっくりと考える必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here