21.9 C
New York
月曜日, 9月 28, 2020
ホーム 女子アナウンサー

女子アナウンサー

バナナマン日村の彼女「神田愛花」の母親が交際に猛反対!….している。

バナナマン日村と交際中の神田愛花の母親が猛烈に二人の仲を反対。

現在は花屋さんに勤務している元テレ朝のアナウンサー「前田有紀」さんが結婚を報告。

元テレビ朝日のアナウンサー 前田有紀さんが結婚。 現在は普通に花屋さんに勤務。この花屋さんは俳優・声優でもある勝地涼さんの母親が経営。 都内にあるこの花屋さんでアナウンサーとゆう職業を去り第二の人生をスタートしていたわけだが今回めでたく結婚だ。 結婚式は11日、関東近辺の式場にて行われる。 お相手は都内に住む一般の男性。婚姻届はまだのよう・・・ 2013年3月にテレ朝を退社したこの彼女。 テレビアナウンサーもよくこの結婚や離婚などの恋愛に関する話題はほんとに多い。 アナウンサーに対して興味のない仮面はこの人の名前こそ、ぼんやりとは知っていたが、結局は あまり知りません。 まぁ 結婚が決まったからよかったのは間違いない。 昔、バスケットボール選手の田臥勇太選手との半同棲の噂も出ていたが、 相手が一般の方なので顔はきっとこんな感じなのでしょう(半分テキトーです) 付き合う男性だからが必ずしも似たような顔をしているわけではないので、まったく違うタイプ なのかもしれません。 花屋さんで働いているから、きっとその店に素敵な花でも買いにきたお客さんなのでしょう(これもテキトーです) 素敵な花を手に取り 「これください.. とか。この花はなんていう花ですか? とか この花は貴女のように美しい」 とか きっとこんな臭いセリフに惑わされ、思わず 「あぁ 花を愛するなんて。。なんて素敵な男性なんでしょう」 とクラっと また コロっと いってしまったのでしょう(これもこれもテキトーです) ところで彼女(前田有紀さん)が勤務している花屋さん。 それはどうやら都内自由が丘にあるようです。お店の名前は「ブリキのジョーロ」 なんとも花屋さんらしいとゆうか”ベタ”な店名です(笑)。でもなんかとてもいい名前ですね。 店内写真がコレ:     写真のようにとても綺麗な花屋さんです。 この花屋で口説かれたんでしょう きっと(しつこい?) 仮面のこの娘を見た感想ではとても幸せを掴みそうな顔をしているので、今回のお相手とは結婚してもそのままずっと続くでしょう きっと。なんかそんな感じがします。 子供も二人ぐらいできて、幸せな家庭をつくり、贅沢な暮らしでもなく貧しくもなくごく普通に安定した人生を今後送って生きそうな気がします。 ロンドンにいたころは語学学校と並行してフラワースクールにも通っていたとゆう彼女は「花を一生の仕事にしたい、もうアナウンサーにもどる気はありません」とも言っているので・・ もうアナウンサー復帰はないであろう。 花とゆう一生の仕事 今の彼女にしてみれば天職ともいえる仕事、更に一生のパートナーを同時に掴んだ彼女は今最高に幸せな気分に違いない。   スポンサーリンク // // スポンサーリンク

永井美奈子の旦那。それはIT企業の経営者。

バラエティ番組「ごきげんよう」に出演した永井美奈子の態度が悪いと話題に。

日テレの内定を取り消された笹崎里菜。裁判沙汰にまで発展したこの騒動。結末は?

過去に銀座にてホステスの仕事をしていたとゆうことを理由に日テレの”女子アナ”内定を取り消されるとゆう悲劇にあった彼女。しかし、それを不服に思った笹崎里菜は、弁護士を介し10月9日にて 裁判所へ訴状を提出。
- Advertisment -

Most Read

ハホニコのシャンプーはまさに万能。くせ毛にも効果を発揮する

私は後にも先にも、このシャンプー剤を上回る製品は世に出てこないのではないかとも思っています。これは巷でも有名な『ハホニコ』というブランドのヘアケア製品なりますが、中でもトリートメントが最も知られているはずです。たかがシャンプー剤、されどシャンプー剤__なのですが、シャンプー探しに迷ってしまい、もはやどうしていいかわからないあなたに、私から提案できるシャンプー剤といえばこれ、ずばり『ハホニコのシャンプー剤』です。

長澤まさみの髪型、お洒落なショートスタイルを目指す貴女へのアドバイス

多くの女性が憧れる「長澤まさみ」のショートヘア。貴女がそれを真似をしたとき、結果はどうなるでしょうか?.. 失敗して後から後悔しないためにも、この記事をじっくりと読んでください。

悩み多き40代女性に、おすすめの石鹸シャンプー「サボンモーヴ」を提案します

私は理解しています、40代に突入したあなたにとってシャンプー剤選びが非常に困難であるということを・・

普段無口で大人しい秋田県民も、金足農業の活躍に大フィーバー:2018年甲子園

” 奇跡的な逆転劇 ” で勝ち上がる金足農業、今秋田はカナノ一色。甲子園34年ぶりのベスト4進出を決めた金足農業、熱狂する秋田県民。